TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/03/24 現在)

21381
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1114043 更新:2013年11月27日

全員発表できる参観日の授業 4年国語「修飾語」


板書  □は歩きます。

指示1:

「~は歩きます」という文をノートに書きなさい。書いたら、鉛筆を置いて待っています。

発表。次のような文が出た。
「私は歩きます」「人間が歩きます」「さるが歩きます」など。

板書   □が食べます。

指示2:

「~が食べます」という文をノートに書きなさい。

発表。 次のような文が出た。
「うさぎが食べます」「ライオンがが食べます」「ねずみが食べます」など。

指示3:

「は」に○をつけなさい。

指示4:

「が」に○をつけなさい。

確認する。

説明1:

ふつう「は」「が」にくっついている言葉を「主語」と言います。

板書  私は□ます。

指示5:

「私は~します。」という文をノートに書きなさい。

 発表。次のような文が出た。
「私は笑います」「私は勉強します」「私は手品をします」など。

指示6:

「先生が~します。」という文をノートに書きなさい。

 発表。次のような文が出た。
「先生がおこります」「人間がしゃべります」「先生がねます」など。

説明2:

文の一番最後で、動作や様子を表す言葉を「述語」と言います。ふつう「主語」と「述語」で、簡単な文章ができます。

 チューリップの絵を提示する。

発問1:

どんなチューリップですか。絵を見て一つだけノートに書きなさい。

 発表。次のような言葉が出た。
「赤い」「一つの」「つぼんでいる」など。

 次に、バナナの絵を提示する。

発問2:

どんなバナナですか。絵を見て一つだけノートに書きなさい。

 発表。次のような言葉が出た。
「黄色い」「おいしそうな」「10本ある」など。

説明3:

あとに続く言葉をくわしくする言葉を「修飾語」といいます。これはものの名前などをくわしくする修飾語です。

板書   修飾語   くわしくする言葉
      どんな   もの

指示7:

これから先生が教室の中を歩きます。どのように歩いていたか、ノートに書きなさい。

板書   先生が□歩いている。

ここで教師が子ども達の前で「ゆっくり」歩く動作をする。

 発表。次のような文が出た。
「先生がゆっくり歩いている」「先生が足音をたてないで歩いている」「先生が小さく手をふって歩いている」など。

指示8:

別な歩き方をします。どのように歩いていたか、ノートに書きなさい。

 ここで教師が子ども達の前で「すばやく」歩く動作をする。

 発表。次のような文が出た。
「先生がすばやく歩いている」「先生が早足で歩いている」「先生がしゃきしゃき歩いている」など。

指示9:

今度はクラスの誰かに代表して歩いてもらいます。どのように歩いていたか、ノートに書きなさい。

 代表の子を1名選び、歩かせる。

 発表。次のような文が出た。
「○○さんがふつうに歩いている」「○○さんが少し早く歩いている」「○○さんがきをつけをして歩いている」など。

 正解を代表の子に聞く。「○○さんが手を動かさないで歩いている」とのこと。

説明4:

動作や様子などをくわしくする修飾語もあります。

板書   どのように 動作・様子

板書   私はピカソの絵をゆっくり見た。

発問3:

どの言葉がどの言葉をくわしくしているいるでしょうか。

答えを確認すると、チャイムが鳴った。(40分)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド