TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/19 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6202739 更新:2013年11月27日

長さ(啓林館2年)〜谷和樹氏の修正案含む〜


指示1:

教科書22ページを開きます。

説明1:

うさぎさんとりすさんが、魚釣りをしています。

発問1:

どっちの魚が長いかな。 うさぎさんの方が長いと思う人?  りすさんの方が長いと思う人?

指示2:

うさぎさんの釣った魚を指で押さえてごらん。

説明2:

うさぎさんの釣った魚は、こぶし3つ分の長さでした。

説明3:

りすさんの釣った魚は、こぶし4つ分の長さです。

説明4:

これだとわからないね。 同じもので計らないと分かりません。

指示3:

教科書24ページ、□の1を指で押さえます。

指示4:

長さはものさしで測ります。

指示5:

右の写真と同じように(教科書の)ものさしで計ってごらん。

指示6:

魚のしっぽのところが、ものさしの端っこになります。 お隣と比べてごらん。

  (「お隣とくらべてごらん。」とすることで、指示の確認ができるのだと谷和樹氏の介入で学んだ。)

指示7:

教科書の定規がずれないように、しっかりと手でおさえてごらん。

指示8:

うさぎさんの頭の下に定規がありますね。指をつけてごらん。そこが0です。 線の下に小さく0と書きます。

(「うさぎさんの頭の下に」という具体的な言葉で指示することが大切だと、谷和樹氏の介入で学んだ。)

(「指をつけてごらん。そこが0です。」と、細かな確認をしつこいほど入れていくことが大切だと、谷和樹氏の介入で学んだ。)

指示9:

指で押さえながら読んでいきます。 1cm、2cm、3cm…

指示10:

ストップ。5cmの上、何かついていませんか。/黒い点がある。

指示11:

そう、黒い点があるところが5cm。では、6cmから。さんはい。

指示12:

(10cmのところで)ストップ。今度はどんなしるしがついていますか。/点に二重丸

指示13:

そう、これが10cmのしるしです。

 (5cmで一回確認。 さらに10cmで一回確認。

  指示を出したら、本当に全員が指示通りできているのか「確認」することが大切だと 谷和樹氏の介入で学んだ。)

指示14:

うさぎさんの顔の下に、さっきと同じ定規がありますね。その下を読んでみます。新しい言葉が出てきました。
”センチメートル”です。  みんなで言います。”センチメートル”

指示15:

書き方はこうです。先生の方をみてごらん。右手あげて。空書きしてもらいます。さんはい。

指示16:

男の子だけで。

指示17:

女の子だけで。

指示18:

机に指書き5回。

指示19:

鉛筆持って。

指示20:

教科書の薄い字をはみださないようになぞります。

  (「指示の出しっぱなし」という我流について学んだ。 「指示」を出したら、必ず何らかの「確認」を入れること。

    「確認」が抜けると、できない子を見落としてしまうのだということを学んだ。

    「発問」と「指示」はセットで。 さらにその後に「確認」。 谷和樹氏の代案で、授業の基本を学んだ。)

 《先行実践》 著者名:『向山型算数授業法事典2年生』(明治図書)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド