TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/02/25 現在)

21482
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9736544 更新:2013年11月27日

世界に誇る「モッタイナイ」の精神


  中一の国語の教材(光村)に『江戸からのメッセージ』(杉浦日向子著)がある。
  サブタイトルの「今に生かしたい江戸の知恵」が示すように、江戸の循環型社会の仕組みに学ぼうという内容である。
  「江戸の基本理念は『もったいない』であり、リサイクルはあたりまえ」という一節ぐらいなら、ありきたりのエコライフのススメで終わってしまう。
  しかし、本文は次のような具体的な記述がある。

 なべに穴が空けば鋳掛屋に頼んでふさぎ、さらに使えなくなれば古金屋に下げ渡して資源とした。下駄の歯が減ったら歯だけを入れ替え、鼻緒が傷んだら鼻緒をすげ替え、ついに下駄本体が割れたら薪にして燃料とした。また、浴衣であれば、少し古くなったら赤ちゃんのおしめにし、それが古くなったら雑巾に、それもだめになったらさいて縄や敷物に編んだり、よって鼻緒の芯にしたりした。ここまで使いきり、それがぼろぼろになって果てれば、火にくべる燃料とした。

  さらに、最後に残った灰までも肥料や糸作り・酒造、紙すきなどに利用した。その徹底ぶりは子ども達のリサイクルのイメージを圧倒する。
  江戸時代の知恵と工夫に触れることで、自国の文化を誇る気持ち・環境に貢献する気持ちを高めようと考えた。
  そこで、本教材の読解指導後、「MOTTAINAI」運動の話題を提示し、江戸の循環型社会と現代のエコライフを重ねてみることにした。
  

 ワンガリーマータイさんの写真を提示。

 知っている人はいますか?

 2004年、環境分野で史上初のノーベル平和賞を受賞した人です。アフリカ人女性としても史上初の受賞でした。
 2005年に来日した時に「もったいない」という言葉を知って感動し、「MOTTAINAI」キャンペーンを行いました。
 この運動のために作成したTシャツの利益は、アフリカの植樹活動に寄付されています。

「もったいない」は3R(4R)の精神を表す言葉だと言われています。
 4つの「リ」とは何でしょうか?

 ①消費削減(リデュース)
 ②再使用(リユース)
 ③再生利用(リサイクル)
 ④修理(リペア)

 ところで「もったいない」の「もったい」。漢字で書けますか?

 「勿体」と書きますが、元々は「物体」でもよかったそうです。
 「勿体」とは、「そのものが本来もつ価値」という意味。
 「勿体ない」とは、その価値が生かされず、無駄になるのを惜しむ気持ちのことを言います。
 「もったいない」は、資源を無駄にせず、有効に利用していこうという考え方ですから、ケチとは違うのです。
 
 例えば、最後の一粒までご飯を食べるのは、ケチだからではなくお米をつくった人に対する感謝からです。
 英語には「いただきます」「ごちそうさま」の表現が存在しません。
 物を大切にする気持ち・食べ物に感謝する気持ちは日本人が誇る美徳の一つです。
 自然や物に感謝する4Rの精神を一語で表せる言葉が見つからないため、マータイさんは「モッタイナイ」を世界共通の言葉として広めようとしているのです。  

 風呂敷を提示。

 ふろしきの長所は何でしょうか?

 かつて環境大臣だった小池百合子氏は5つの特長を指摘しています。
 ①何度でも再利用できる
 ②破れにくい
 ③収納に場所をとらない、
 ④贈る人や季節によって好きな色柄が選べる
 ⑤大きさや形を問わずに包める。
 
 風呂敷を実際に使ってみる。
 風呂敷になじみがないのか、本とファイルを包むだけで感心されてしまった

 「先生が小さい頃は、セーターの肘がすれてきたら本当に肘当てをつけたんですよ。ズボンの膝だってあて布をつけたんですよ」と言うと意外な顔をしていた。
 江戸時代までさかのぼらなくても、「節約の美徳」は日本人の心に生きている。
 
生徒の感想をいくつか示す。

◆「もったいない」という言葉は、とってもキライだったんです。
  「もったいないからご飯残すな」とずっと言われてきてキライだった言葉が、外国人にまで好まれていたと知って、とても驚きました。
◆「もったいない」は外国人も感動するほどのいい言葉なのだから、よき日本の文化としてこれからも日本人全員のほこりにしてほしい。
 外国で広めるためには、まず日本で「もったいない」が広まらないと世界の人々を共感させることはできないと思うので、日本の物の扱いをこれを機に見直してみたい。
◆「勿体ない」という言葉は外国語には訳せないそうです。日本ならではの「物を大切にしよう」という気落ちはすごく誇りに思う。
 「MOTTAINAI」をもっともっと世界に広げて団結して4Rを守ればいいと思う。
◆身近に風呂敷のようにいいものがあるのに、それを使わないというのが「もったいない」と思いました。
・・・自分のよさは、なかなか自分では実感できない。同じように日本のよさは海外で評価されないと、なかなか実感できない。
 「もったない」のよさを日本人が自覚しないことが「もったいない」のである。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド