TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/24 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2210411 更新:2013年11月27日

ハンデを乗り越えたバァイオリニスト(川畠成道さん)


川畠さんの半生から生き方を考えます。中・高学年向き

<サングラスをかけた川畠少年の写真を提示>

発問1:

黒いサングラスをかけた男の子がいます。川畠成道くんです。成道くんは、高熱によって体のある所が不自由になりました。それは、どこでしょうか?

目です。

説明1:

旅行先のアメリカで高熱から難病にかかり目に障害が残りました。視力が0.01以下になってしまいました。

少年時代の練習写真を提示

説明2:

バイオリニストの父は我が子にいずれバイオリンで独り立ちしてほしいと願います。

発問2:

練習の時、どんなことに困ると思いますか?

バイオリンの弦が見えない。
楽譜が見えない。

説明3:

そうです。楽譜が見えません。そこでお母さんはこういう物を作りました。

拡大音符の写真を提示

説明4:

この拡大音符を使って、8時間の練習を毎日、毎日したのです。

説明5:

しかし、中学3年の頃、こんなことがおきました。

視力測定不能。拡大音符も見えないの画面

発問3:

みなさんが成道さんだったらこのままバイオリンを続けますか?続けませんか?

指示1:

続ける人? 続けない人?

説明6:

拡大音符も見えなくなった成道くんはそれでもバイオリンを続けます。毎日、必死で練習したバイオリンを捨てたくなかったのです。

発問4:

しかしもう拡大音符は見えません。では、どういう方法で練習を重ねたのでしょうか。ノートに考えを書きなさい。

曲を聴いて覚えて練習した。点字の譜面で練習した。

説明7:

そうです。川畠さんは、お父さんが演奏するのを聞いて一つ一つ暗譜をして練習を繰り返したのです。

英国国立音楽院での写真を提示

説明8:

こうして川畠さんは、母親の支えを受けてロンドンへ留学し、一層バイオリンの道を進みます。英国国立音楽院を主席で卒業し、記念コンサートでソリストとして演奏します。

演奏写真等を提示

説明9:

1999年には、日本でCDデビュー。 2000年にはアメリカでもソリストとして演奏しました。

山古志村での写真を提示

説明10:

更にこんな所でも演奏しています。

<新潟・被災地・山古志村>の画面を出す。

説明11:

川畠さんはこういっています。

画面に「  」を追求・・と出す。

発問5:

「   」を追求していきたい。「 」に何が入ると思いますか。

説明12:

川畠さんはこういっています。

画面に「自分にしか出せない音」を追求していきたいと出す。

説明13:

授業を終わります。

参考資料
・ぼくは涙のでない目で泣いた。(扶桑社)川畠成道
・成道のアベ・マリア(講談社)川畠正雄    (自作のサイト有ります。)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド