TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/09/25 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7890118 更新:2013年11月27日

小学校のバドミントンクラブの指導


 手首の動きを使わないとシャトルが遠くに飛びにくいバドミントン。技術や試合のルール等を厳密に指導すると小学生にとって大変難しくなる。
 その一方、バドミントンはシャトルを落とさないように打つだけもとても楽しい運動である。4年生から、6年生までの個人差の大きい子ども達24名が所属するバドミントンクラブでは、レベルの差を配慮しつつ、みんなが楽しく運動できるよう指導した。

1学期  練習するコートを指定して、自由に楽しませた。

1学期は、特に技術的な指導はしなかった。個人差が大きいことと、ラリーをしていれば子ども達はそれだけで楽しんでいたからである。試合をさせるよりもラリーを通して運動量を保障することを優先した。練習するグループとコートを決めただけである。

2学期  少しずつ、技術的なことを教え試合を始めた。

 2学期になりある程度ラリーができるようになった段階でいくつかの打ち方を指導をした。ゲストティーチャーが来てくださったので、手本をしていただきながら指導した。

3学期  子どもにまかせて試合を計画、実行させる。

ここまでくれば、6年生を中心に自分達で試合を運営する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド