TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/08/17 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6931441 更新:2013年11月27日

電柱のある風景〜楽しい絵画教室実況中継〜(電柱の彩色)


酒井式では形はしっかり描くが、色はあまり考えない。
色は自由。
赤い電柱、黄色い電柱、青い電柱・・・お気に召すまま。お前の勝手!(笑)
(酒井先生の表現です!!)
色は自由だから、どの色の電柱にするか自分で決める。

ただし、電柱色、グレーは禁止。

なぜかというと、グレーは白を混ぜるから。
せっかく描いたサインペンの色が消えてしまう。
苦心して描いた、生きている線を殺してしまうから。

ずらっと作品を並べて、
どの電柱の色がいいのか決めさせました。
さあ、気に入ったのがありましたね。
と言って、一色ずつ挙手させていく。

__________2013-11-25_20.22.10

青に決めた人
赤に決めた人
・・・

最後に「手を挙げなかった人」と言って
全員どれかに決めたことを確認する。
決めた電柱の色に「混ぜていい色」というのがある。

__________2013-11-25_20.22.37

左の写真の通りの組み合わせ。

左から、電柱の色、混ぜていい色、スパイスに使える色。

「スパイス」というのは、とんでもない組み合わせの色なんだけど
ところどころ使うといい色のこと。
「スパイス」なので、あくまでもところどころに「利かせる」程度で。

__________2013-11-25_20.23.03

口で言ってもわかるわけないですね。
それで私が今から塗って見せます。

酒井先生はそう言って、また参加者を半分ずつ集めて
実演されました。

筆は、細めのを3本。できたら4本を使う。
(酒井式3刀流)
1本の絵の具で1色使って、彩色の途中でじゃぶじゃぶしない。
子ども達はすぐ筆をじゃぶじゃぶするけど、
そうすると意識が切れてしまう。

まず青を、「どかんと」パレットの広いところでよく水と混ぜる。。
(電柱1本塗るんだからね、と言いながら酒井先生は混ぜていました)

__________2013-11-25_20.23.31

しっかりと、置くように彩色する。
ただし、「置くように」だけど「点々ぬり」ではない。

置くような気持ちでぬっていく。

混ぜていい色(黄、赤)のうち、黄色を混ぜて緑をつくる。

2つ目の色を使うときは、筆をかえる。
先ほども書いたけど、筆をじゃぶじゃぶすることで、
意識が切れてしまうから。

筆を3本持っているのは、それだけの色がいっぺんに使えるということ。

__________2013-11-25_20.23.56

そして、たまにとんでもない色(この場合は朱色)がちょっと入る、
それがスパイス。
青い電柱が、スパイスがちょっと入ることで、ますます美しく見える。

スパイスは水をいっぱい入れて、明るく塗る。

青い電柱と決めたからには、青を多く塗る。

タッチは自由。
__________2013-11-25_20.24.23

上の写真のように、横に塗っていくのもあるけど
左のように、ずーーっと下の方にいく、というのもある。

混ぜていい色の2つめ、赤を混ぜて紫(青紫)をつくり
塗っていく。

__________2013-11-25_20.24.48

電柱の片側を濃く、片側をうすく、という塗り方もある。
それは、大人が好きな塗り方。(会場から笑い)

酒井式では、一発彩色法。
一発で塗るのが基本。
同じところを、重ね塗りしない。

ただし、風景画の中では重ね塗りを教えることもある。
一回で弱いなあと思ったら、塗ることもある。

黒く見えているところ、黒い塊は、
サインペンで塗ってしまってかまわない。

__________2013-11-25_20.25.14

色を塗ることで、電柱にものすごい存在感が出てくる。

常識では「青い電柱」「紫の電柱」なんてありえないけど、
全然違和感がない。
むしろ、とっても美しい。

__________2013-11-25_20.25.35

「先生は、ちょっと、(色が)強すぎるね」

「こういう強いところ(写真の絵右端の部分)は真っ黒に見えてしまう。
 強いところがあって、薄いところがあるからいいんですね」

酒井先生は実際に薄い色を作って、
塗って見せながら指導されていました。

__________2013-11-25_20.25.59

ちなみに、写真後方で指導しているのは、神谷先生。
神谷先生は、酒井式の初段、唯一の有段者です!!

__________2013-11-25_20.26.20

「だぶだぶ過ぎますね。
 こう、ちょっと(絵の具を)つけてから塗った方がいいね。」

「これちょっとスパイスが多すぎるね。
 後でかわいてから、かぶせるといいよ。」

「先生、水がなくなったら、どんどんつけなくちゃ。」

酒井先生のコメントには、必ず「どうしたらいい」という言葉があるので
言われても素直に聞けます。

__________2013-11-25_20.26.45

実は「混ぜていい色」じゃない色で塗ってしまった作品も
しっかり見抜いておられました。

「先生、それ、何色混ぜた?」
「(私の言うことを)守ってないね」
という鋭い指摘。
どきっ。

でも
「まだそれほど壊れてないね」
というフォローも。
一方でその直後、同じ色の電柱を塗っている参加者に
「この先生はちゃんと私の言うこと守ってますよ」
という言葉。
耳をそばだてて聞いていた参加者一同から、思わず笑いが。

アメとムチ??

__________2013-11-25_20.27.11

「みなさん私の言うことをよく守って描いてますね」
という言葉が、机間巡視中、何回かありました。
先生の言われたことはちゃんと守る
学級経営も同じだと思いました。

電柱は決めた色を中心に彩色するけど

道路標識はそのままの色で塗る。
標識の色がスパイスになって、とてもいい。

(左の写真は村上小の作品。今回のものとは違います)

__________2013-11-25_20.27.35

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド