TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/19 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4403178 更新:2012年11月07日

通信簿を早く終わらせる方法


通信簿を早く終わらせる方法

・一学期まとめテストは、最後から一つ前の単元が終わったらすぐに実施する。できる時に、すぐにやってしまう。

・テストはテスト実施した時間内に丸付けをして、その時間内に得点を集計して、その時間内に児童に返却する。
 こうすると、成績処理の時期に、集計する必要がない。

・出席番号1番の子から書こうとすると、筆が止まる。所見欄は思いついた子から書いていく。
 次の日に、また思いついた子を書いていく。

・思いつかない子は通勤の車の中で考える。ICレコーダーがある場合には、車の中で録音するのも、一つの手。

・それでも所見欄が思いつかない子には、「Aさん、この掲示を廊下に貼ってくれる?」などと用事を頼み、実際にやらせてから、
 それを所見に書く。

・子どもには、「今学期頑張ったこと」を書いてもらい、どうしても所見が思いつかない場合は、それを活用して所見を考える。

・所見例をたくさんパソコンに保存しておく。どうしても思いつかない場合はその子に当てはまりそうな物を選び、少しアレンジする。

・日頃から、児童の行動はノートに記録し続ける。補助簿を作るときには、その記録をそのまま使って所見をパソコンに打ち込む。

・係や委員会など記入できるところは早め早めに記入し始める。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド