TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/04/27 現在)

21493
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1241047 更新:2013年11月27日

「ひまわりと小人たち」1年生の追試(第1時)


指示1:

机を縦にしなさい。(画用紙を配る。)

 縦に描くので、机の向きを縦にして座らせた。
 ※ 酒井氏のシナリオでは、床に座り画板を使って描かせられていたが、教室で机を使って描かせた。

 黒板にひまわりの写真を貼る。ひまわりの種になったものを見せる。

説明1:

今日は、ひまわりのお話を聞いてから、絵を描きます。

 「北の国の深い森の中に、24人の小人たちが住んでいました。・・・」

 (原文は20人であったが、学級の人数の24人にして話した。また、お父さんのひまわりを1番最初に芽を出したひまわり、お母さんのひまわりを2番目に芽を出したひまわり、そして、3番目に芽を出したひまわりと替えて話した。)

説明2:

まず、最初に芽を出したひまわりを描きます。
クレパスで、ひまわりの真中の黒い所から描きます。
画用紙の真中より上で、右か左に少し寄ったところから描き始めます。
コンコンと描きます。次に、その周りに違う色で描きます。そして、また違う色で描いて、どんどん大きくしていきます。
同じ色を何回使ってもいいです。間があき過ぎないようにつめて描きます。

 見本の絵を黒板に貼り、描き方はチョークで黒板にコンコンと描きながら説明した。
 ※ 描き方は、別な画用紙にクレパスで描いて見せた方がよく分ったと思う。

指示2:

クレパスを出して、どこから描くか決めたら、コンコンと描いていきなさい。

 見本を見ているので、描き始めの位置が見本の絵と同じになる子が多かった。
 ※ 「コンコンと描く」と言ったので、先だけで点点にする子がいた。途中で止めさせて、短い線で描くことを確認した。
 外に行くに従って、間があく子にはつめて描くように教えた。

指示3:

途中ですが、クレパスを置いて、黒板の所に集まりなさい。

 見本の絵が見える位置に集まらせた。

説明3:

次は、花びらを描きます。
黄色とオレンジ色のクレパスを使います。
黄色のクレパスで、真中の所から外に向かって花びらを描いていきます。
花びらを塗るときは、クレパスを横にして塗ります。オレンジ色のクレパスも少し重ねて使います。
1枚描けたら、2枚目の花びらというように次々に描いていきます。

 見本の絵に花びらを描きながら、色を重ねることも説明した。
 1学期に、クレパスを折って使わせているので、形を描く時は立てて、塗るときは横にして使うことを確認した。
 画用紙の端になるところは、外に花びらの続きがあることをチョークで描き、はみ出すつもりで描くように話した。
 ※ 酒井氏のシナリオには、1枚の花びらを描いたら、ボロ布でこするように書かれていた。
    しかし、1学期に別の教材でした時にこすり加減を指導し切れなかったので、今回はこすらせなかった。

指示4:

真中の部分を描いたら、花びらを描きなさい。

 いつまでも真中を描いているため、描くのを止めて、花びらを描くようと指示する必要のある子がいた。
 花びらからはみ出さないように色を塗ることや、色の重ね方を教えていった。

指示5:

花びらが描けたら、クレパスをしまいなさい。
画用紙の裏に名前を書いて出しなさい。

 大きなひまわりが描けて、黒板に掲示すると教室が明るく感じられた。
 お互いに見合って、話していた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド