TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2941028 更新:2013年11月22日

TT通信「てくてく」(5号)


失敗、失敗!

 4年生のクラスでわり算のTT授業を行っているときのことです。

教科書のわり算の練習問題をさせるとき、次のような指示を子どもに出しました。

「教科書○ページの③の問題を指さしなさい。そこにある一番上の段、4問の計算をします。2問目まで出来たら、一度池田先生に見せに来ます。」

「2問目の式はなんですか?」(80÷8です。)

「そうです。ここまでして見せに来ます。○をもらった人は残りの2問をします。4問とも出来た人から先着4人の人が黒板に式と答えを書きます。では、始め。」

 計算が速い子は私が指示を出して10秒ぐらいでノートを持ってきました。

しかし、1番に持ってきた子は、式を縦に並べて書いているではありませんか。(こんな感じです)

__________2013-11-21_22.22.57

 わたしは、この時ノートの書き方について指示を出していないという重大なミスをしてしまったことに気づきました。

縦に並べて書いていくと、ノートの右半分が空いてしまい、ノートの無駄遣いになってしまいます。また、空いたところがもったいないと思う子が必ずいて、そこに次の別の問題を書いたりし始めます。そうなるとノートはごちゃごちゃ、どこの何を勉強したのか分からなくなってしまいます。

私は1番にノートを持ってきた子に謝り、再び全員に指示を出しました。

「ここの計算問題は1問目をかいたら、右となり2マス空けて2問目を横に

書きます。こうするとノートが無駄なく使えます。」

__________2013-11-21_22.23.04

 書き直しを命ぜられた子ども達からブーイングが起こりましたが、どうしてそうするのか、趣意説明をすると子ども達は文句を言いながらも書き直しをして再びノートを持ってきました。

 一度出した指示のミスを修正するには相当エネルギーがいります。(ブーイングをはね返さなければなりません)反省しきりの1時間でした。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド