TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/20 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5779740 更新:2013年11月23日

教員採用試験突破志願書のポイント


教員採用試験を受けるためには志願書を提出しなくてはいけない。
一生を左右するかも知れない志願書である。ミスは許されない。
採用試験を突破するための志願書についてポイントを3つに絞った。

志願書のポイントは以下である。

1 志願理由
2 写真
3 コピーをとる。

丁寧な字で書き、記入漏れ等のミスがないことは大前提である。

1 志願理由

多くの人は『尊敬できる教師に出会ったこと』を書く。
それはそれで良い。しかし、だらだらと書いてはいけない。
読んで頭にイメージが思い浮かぶように書く。つまり、

エピソードを書くのである。

たとえば以下のように書くのである。

 中2のときの数学の授業だった。先生が問題を出された。一人だけ間違えた。
 また、問題を出された。また、その一人だけが違う答えをした。みんなは笑った。
 その子を笑う雰囲気があったのだ。勉強が苦手な子だったからだ。
 「今笑ったな。それを忘れるな。」
 先生の声は怒気に満ちていた。
 その問題の正解は一人だけだった。
 みんなができる問題を間違えた子だけが正解だった。
 それからだった。私たちは人を馬鹿にできなくなった。
 また、誰しも自信を持って答えるようになり、2年後には希望校に全員合格した。
 『誰でも間違うことはある』『間違うことは恥ずかしいことではない』『多くの発明、発見も間違いの中から生まれた』
 『誰でも可能性があること』『努力する事の大切さ』などを先生は教えてくださった。授業や部活の事実を通して教え
てくださった。
 私も、生徒と夢を語り、無限の可能性のあることを事実を通して生徒にわかってもらいたいと考えている。そんな
教師になりたくて、志願した。

志願理由に書いたことは何を聞かれても答えられるようにしておくこと!

従って、コピーは絶対にとっておく必要がある。
何を聞かれても、簡潔にスパッ、スパッと答えられるように準備しておく必要がある。
根掘り葉掘り聞く試験官もいるからである。そんな試験官のほうが多いからである。

2 写真

顔写真は写真屋さんで撮ってもらう。

インスタントでは美しさが違う。
街角の撮影機ではぼやけたり、自分で切るのでずれたりする。
やっぱり、プロに任せよう。
写真で合否は決まらないが、第一印象は決まる。
写真で意気込みを見せるのだ。
服装は受験するときの服装で、髪形を整え、表情も明るく、メイクもはっきり目に。
(けばけばしくならないように、と思って控えめにすると写真ではぼんやりしてしまうことがある。特に目元はややくっきりさせたほうが写りはいいようだ。)

3 コピーをとる

志願書は必ず、2回コピーをとる。

①書く前と、②書いた後だ。
書く前は、下書きのためである。
コピーに一度書いてみる。すると、字の大きさや、一行に何字くらい書けるかがわかる。その後本物に鉛筆で下書きし、ペンで清書する。
書いた後もコピーをとる。
2次の個人面接では、必ず、志願書に書いたことが問われる。
コピーをとり、何を尋ねられてもしっかり答えられるように準備しておこう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド