TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/24 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4283934 更新:2013年11月22日

沖ノ鳥島の授業


5年 社会科 国土
日本の最南端『沖ノ鳥島』
なぜ、沖ノ鳥島を守るのかという授業である。画像はグーグル等の画像検索で「沖ノ鳥島」「沖の鳥島」と入力すれば、入手できる。

指示1:

日本の東西南北の端を、地図帳で探しましょう。
見つけたら、赤鉛筆で印をつけなさい。

東・・・南鳥島    西・・・与那国島
南・・・沖の鳥島   北・・・択捉島

 地図帳で位置が確認できたら、今度は教科書や資料集の写真でどんな島かを確認した。
 その時、健二君が、「沖ノ鳥島ちっちゃー。」とつぶやく。社会科で資料を見たとき、このようなつぶやきがとても大切である。すかさずこのつぶやきを取り上げた。

発問1:

沖ノ鳥島は小さいですね。どのくらいの広さでしょうか。次の中から選びなさい。
 ①グランドくらい。 ②教室くらい。  ③机くらい。

③を言った時、教室は「えー。」という声に包まれまれた。そんなわけないという感じであった。
①→15人 ②→12人 ③→0人 

私が「今なら変えてもいいよ。」と言うと、
ほとんどの子が『その手に乗るか!』という表情だったが、たった一人、加奈子さんが③に意見を変えた。
 予想を確認し、沖ノ鳥島の画像を提示した。波に打たれる島に旗が1本立てられている写真である。小さいことが一目で分かり、その広さはだいたい机ぐらいであると告げた。

説明1:

沖の鳥島は、高さ1m弱の岩が2つあるだけです。人が暮らすどころか、高い波がくるとかくれてしまいます。そして、強い波にさらされ、ドンドン小さくなっていました。そこで、この島(岩)を守るため、周りをコンクリートでかため、守っています。
総工費600億円、年間維持費2億円です。(工事中の写真を提示)

発問2:

こんなちっぽけな島(岩)、なくなってもいいんじゃない?なぜ日本は、こんなちっぽけな島を守るためにこんなにお金をかけるんですか。

児童の予想

◎昔使っていた物や化石などがあって、大切にしないといけないから。明子
◎島の中の王様だから。由紀子
◎小さいけど、日本の一部分だから守る必要がある。祐二
◎世界に一つしかないとても珍しい島だから。真奈
◎この島にしかない栄養があるから。晃男
◎沖ノ鳥島にしかない岩だから。洋介
◎天然記念物だから。浩二
◎島があんなに小さくなったのは、大きかったのがだんだん小さくなったから。それはギネ ス記録だから守る。健太
◎島の守り神。または海のお守りだから。祐輔
◎なくなってしまったら、他の国の領土のになるかもしれないから。亮太
◎昔は日本列島につながっていたのが、離れて沈没しそうになった。日本が狭くなると困る から。または、貴重なサンゴでできている島だから。加奈子
◎神様みたいな役割があるから。または、日本を広くするため。剛
◎珍しい生き物がいるから。真一
◎岩の中に、ここにしかいない生き物がいるから。良子

最後に『排他的経済水域』について図を提示しながら簡単に説明して授業を終えた。

 この島があるおかげで、半径200海里(約170km)の海域で、日本は自由に漁業
ができるのです。また、海底には莫大な天然ガスが眠っていると言われています。

 沖ノ鳥島という名を少しは覚えてくれたかなと思う。

※児童の名前は全て仮名


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド