TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/11 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4087855 更新:2012年12月13日

楽しく声を変えよう(ハミングから発声指導へ)


1、響きのもと「鼻腔共鳴」を遊びでつかむ。

響きのもと「鼻腔共鳴」を感じるには、ハミングによる指導が分かりやすい。しかし、ハミングの指導は、地味でおもしろみがない。そこで、遊びにしてしまう。

(Tは教師。Cは子ども)
T:フッフッフッ、はい。           C:フッフッフッ。
T:口閉じて、フッフッフッ。         C:フッフッフッ。
T:おじさんの、フッフッフッ。        C:フッフッフッ。
T:鼻笑い、フッフッフッ。          C:フッフッフッ。
T:指当てて、フッフッフッ。         C:フッフッフッ。
T:むずむずする?フッフッフッ。       C:フッフッフッ。
T:フーッフーッフーッ。(徐々にロングトーンに)C:フーッフーッフーッ。
T:歯を見せて、フーッフーッフーッ。     C:フーッフーッフーッ。

ハミングから声に持っていく中間作業。口を開けてハミングができると、地声でない歌声はすぐできるようになる。コツはいきない「アー♪」と声を出させないこと。

T:フ-♪                C:フ-♪
T:Ah-♪               C:Ah-♪
T:RAh-♪              C:RAh-♪
T:MAh-♪              C:MAh-♪
T:Ah-RAh-MAh-♪       C:Ah-RAh-MAh-♪
T:あらまあ、Ah-RAh-MAh-♪  C:Ah-RAh-MAh-♪

口から出る感覚ではなく、鼻柱に響いて鳴るような感覚を体験する。
さらに、弱々しい音ではなく、力強い f の音にしていく。
f は、「大きい」と教えない方がよい。
声のスピードを速くした方が自然に力強くなる。

2、歌いながら発声指導(つばさをください)

T:とっても、いい声。「つばさをください」。  ♪ いまー わたしのー♪、ハイ。 
C:♪ いまー わたしのー ねがいごとがー♪

どんな声でもまずほめる。発声練習ではいい声だったのに、歌ったらもどってしまうというのは当たり前。発声練習の声で歌も歌えるようになるには時間がかかる。だからこそ、実際に曲を歌いながら声の出し方を指導していく方が効果的。

T:鼻の横、手を伏せて、鼻からぜーんぶ下の声。つぶした声で、♪ いま~、さん、ハイ。
C: ♪ いまー わたしのー ねがーいごとがー ♪
T:耳に痛い声ですね。
 「宿題やったの?全くゲームばっかりして!」と怒っていたお母さん、 
 電話が来ると、 「はい、もしもし、大川でございます。あ~ら奥様~。」ハイ。
C:あ~ら奥様~。
T:その声で。♪ いま~ わたしの~ ♪ さん、ハイ。

「良さ」を知るための鉄則、「悪さ」を知る。そのために、「つぶした声」で「地声」(口腔共鳴)の歌い方を行い、「お母さんの電話の声」と比べる。

C:♪いま~ わたしの~ ねが~いごとが~ かなうな~らば~♪
T:ハイ。苦しそうなところ、「かな~うな~らば」、 気持ちは上げる、膝曲げる。  ♪かな~うな~らば~♪(下線部、膝曲げて)、ハイ。
C:♪かなうな~らば~つばさが~ほし~い♪(膝曲げて)
T:みんなで膝曲げたら変。 では、ジェットコースターします。  シュ~ン。(手をジェットコースターのように滑らせて)、ハイ。
C:シュ~ン。(手をジェットコースターのように滑らせて)シュ~ン。
T:♪かな~うな~らば~ ♪ (手をジェットコースターのように滑らせて)、ハイ。
C:♪かなうな~らば~ つばさが~ほしい~♪ (手をジェットコースターのように滑らせて)
T:これもみんなでやったら変。 先生だけしますよ。 みんなは気持ちだけ。  ♪この~、せなかに~♪、ハイ。
C:♪この~ せなかに~ とり~ ……  この大空に つばさをひろげ♪
T:ハイ。大きい声で歌えたね。 でも、声がちらかっちゃったよ。
  戸を閉めます。ガラガラガラ、(手で閉める動作)  ぴたっ。(5cmほど開けたところで止めて)
  この5cmの隙間に声を通そう。  ♪この大空に♪1、2、ハイ。
C:♪この大空に~ つばさをひろげ とんで ゆきたいよ~ 
  (T:「今度はこっちへ。」と言って、教師の頭を超えて声を遠くに飛ばせるために指差す。(Cはそのまま歌い続けている)
  かなしみのない じゆうな そらへ つばさ はためかせ~~~ゆきたい~~~♪

音の高いところを、力まずに歌うために、膝曲げとジェットコースターの動作を入れてみる。さらに、曲の山場では、声を集めるために、扉の隙間5cmに声を通すという声かけをする。

T:〇年〇組のみなさん、さすがです。拍手!  では、最後に1回、最初から通して歌います。

※第10回TOSS音楽セミナー横崎剛志先生の講座「簡単!効果抜群!誰でもできる発声指導法」の部分修正追試。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド