TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/26 現在)

21599
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9654980 更新:2012年10月02日

地図記号の成り立ち


地図記号の成り立ち(3年社会科)

法則化 未来  宮崎道久(miyamichi@hotmail.com

3年生にとって初めての社会科。子どもたちに社会科の楽しさを伝えることが大切だ。地図記号を楽しく学び、社会科の楽しさを体感させたい。それをねらった授業を紹介する。

原実践は「日本教育技術方法大系 第3巻」(明治図書)の福山験也氏の論文である。それを修正追試した。修正点は次の点である。
  1.「えんとつ」の選択肢を6つから3つにした。
→テンポを上げるためである。
  2.「温泉」を自分たちで予想させる活動にした。
  3.「風車」を自分たちで予想させる活動を加えた。
→「2」「3」は、授業参観の授業としても行えるように、多様な活動を取り入れた。

フラッシュカードで「えんとつ」「桑畑」「学校」「郵便」「温泉」の地図記号を確認する。
その後、3つの煙突を表した図を提示して、次のように問う。

発問1:

現在使われている、えんとつを表す地図記号です。
以前は、どのような記号だったでしょうか。
①、②、③。ノートに書きなさい。

このように言って、ノートに書かせる。
そして、何を書いたのか挙手をさせる。確認したら、次のように言う。

説明1:

正解は、①です。
えんとつは、このように変化していきました。

えんとつの地図記号の変遷が表示された画面を提示する。
このようにして、「桑畑」「郵便」「学校」も同じように流す。

発問2:

最後は、「温泉」。この地図記号は、以前はどのような記号だったのでしょう。
予想して、ノートに書いてごらん。

かけたら持ってこさせる。そして、8名ほどに板書させる。
そして、正解を示す。
温泉の地図記号の変遷が分かる画面を見せながら、次のように言う。

説明2:

温泉は、このような記号でした。
この順番で変わっていき、そして今の形になりました。

そして、次のように言う。

説明3:

これらは昔、全て地図記号として、ちゃんと使っていたのです。
でも、今は使っていません。
ここにその移り変わりの表があります。

このように言って、変遷表を見せる。

説明4:

このように、地図記号はいろいろ変わってきているのですね。
最近できた地図記号もあります。それは、これを表しています。

そして、風車の写真をみせる。さらに、次のように言う。

発問3:

では、どのような地図記号になったのでしょうか。
予想して、ノートに書いてごらん。

そして、持ってこさせる。
先ほどと同じように8名ほどの子に板書させる。
そして、答えを示す。

説明5:

風車の地図記号はこれです。「風車」の地図記号は、平成17年
10月に全国の小学生、中学生から募集したデザインをもとに作成
しました。

風車ではなく、老人ホームを予想させてもよい。

引用文献
「日本教育技術方法大系 第3巻」向山洋一編 明治図書


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド