TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/15 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5779385 更新:2013年10月27日

分数のかけ算とわり算(2)(東書6年平成20年度)第4時


2008年8月28日(木)2時間目

【77ページ】時間と分数

1.□1

問題を教師が読む。

指示1:

この問題を先生が一目見てわかるようにして解いて持ってきなさい。
図、言葉、式、どの方法でやっても構いません

4通りの答えが出た。
それぞれ板書させ、説明させる。
書けなかった子には、気に入ったものを写させた。

その上で、「説明する」授業をした。

最後に出来た文章は、以下の通り。

 1時間は60分である。
 時間を分に直すには60をかける。
 だから、3/4×60は45、3/4時間は45分である。

この文章を基本型にした。(☆1のまことさんの考えをベースにしている)
何度も読ませ、お隣同士で言わせ、書かせた。

2.練習問題①

3問とも同じように解かせた。
(1)は念のため、全員で確認。
(2)、(3)は自力でやらせる。

3.□2

さっき教えた基本型の逆。

 60分は1時間である。
 分を時間に直すには60でわる。
 だから、40÷60は2/3、40分は2/3時間である。

□1と同じように扱った。

4.練習問題②

基本型通り解かせる。
(2)も難なくクリアした。

【あかねこ計算スキル】

5.スキル43

基本型と少し違う書き方であったが、こちらの方が分量は少ない。
子どもたちは喜んでいた(笑)。

「説明する」型を教え、作文する授業は、何度か行っている。
最初はなかなか慣れないようだが、後半はかなり慣れてきたようだ。

単位の換算は、かなり難しい。
今日はじっくり行ったので、明日はこの単位変換を使った文章題ではあっさりと行いたい。
本当は1時間で文章題2問分も進む予定(教科書の)のところだが、学級の実態に合わせて2時間扱いにした。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド