TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/18 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2422957 更新:2013年10月27日

単位量あたりの大きさ(東書6年平成20年度)第7時


2008年6月18日(水)2校時

【49ページ】

1.□2

教師が問題文を読む。

【50ページ】

2.☆1

教師が読み、子どもにも読ませる。

指示1:

大事な平仮名3文字に印をつけなさい

はやて号の線分図をノートに写させる。
たすきがけをさせる。
以前扱っているので、余計な説明はしない。
式を書かせ、答えまで書かせる。

のぞみ号も同じように解かせる。

3.まとめ

速さの公式を何度も読ませる。
ただし、たすきがけが出来れば、公式は必要ないので、丸暗記に重きは置いていない。

その後、時速・分速・秒速の定義を読ませる。
もちろん反対側からも言わせる。

4.練習問題③

教師が問題文を読む。
2文目だけ子どもにも読ませる。

この問題を解く線分図がかけたら持ってらっしゃい

チェックし、出来た者から式、答えまで書かせた。
そして、4名に板書させる。
答えの書き方を教える。

また問題に取り組む。
本格的な単位の換算は、これがはじめて。

 1時間で54㎞
 60分 で54000m
  ↓÷60 ↓÷60
  1分で  900m

 1分 で900m
 60秒で900m
  ↓÷60 ↓÷60
  1秒で 15m

このような型を教えた。

5.先生問題

時速72㎞を分速、秒速になおさせた。
先程の型どおりに解かせる。
かなりよくできていた。

【あかねこ計算スキル】

6.スキル27

線分図はかいているが、たすきがけについてはかかれていない。
式を書く欄からはみ出してもよいことを告げた。

線分図→たすきがけがかなり定着してきた。
単位換算は1度では定着しない。
何度も何度も問題を出し、慣れさせるしかない。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド