TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/08/19 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8084583 更新:2013年10月26日

子どもが指導ができるようになる「指揮の原理原則」


子どもが指導ができるようになる「指揮の原理原則」

 音楽の指導をする際、通常は教師が指揮をして教えていくが、様々な場面で、子供が指揮をすることがある。
 指揮法は奥が深い世界で、突き詰めていけばいくらでも複雑な理論が展開できるが、教育現場では、最もシンプルに、ある種の誤解を恐れずに教える必要がある。その一例を示す。
 得居不二三氏の修正追試。

1.子どもが行う指揮の役割

(1) 曲の出だしの合図をする
(2) テンポ(速さ)と拍子を示す
(3) 曲の終わりの合図をする

2.子どもに指揮の指導をする際の指揮の原則

① 支点(肩)から離れた部分ほど動きが大きくなる。
② 自然界にある動きは心地よい。

3.指導の実際(最も易しい3拍子で話を進める)

(1) 曲の出だしの合図をする

①足は、肩幅に軽く開く。
②力を抜いた気をつけの姿勢から、右手を胸の中央にもってくる。
③指先は力を抜いて、親指と人差し指で卵形が出来るように、指先を軽く触れる。他の指は自然に曲げておく。(指揮棒を使う時は、根本のコルクを軽く握る)
④始める時は指揮者も息を吸う。

 以下、実際の指示発問を掲載する。

指示1:

起立!足を肩幅に開きなさい。

 体を安定させる。

指示2:

 肩を上げなさい!
 そのまま、ストーンと下ろしなさい。

 体の余分な力を抜くために行う。
 脱力は、思いっきり力を入れてから一気に抜くことで体感させる。

説明1:

その姿勢が自然な姿勢です。

 上半身の余分な力が抜けた自然な姿勢を意識させる。

指示3:

 右手。
 親指と人差し指で卵形が出来るように、軽く指先をつけます。
 他の指は自然に曲げておきます。

Tamago

指示4:

その指先を胸の前方、先生が、今見せる位置まで持ってきます。

Munenoichi

 示範する。この姿勢が演奏者に「これから演奏をするぞ!」と知らせる用意の姿勢である。この時、演奏者全員を見渡して確認する。
 次に曲の開始の合図の仕方を教える。

指示5:

右手を、そこから右斜め上に10cm程度上げます。

 示範する。
 いよいよ次の動きで演奏開始である。

指示6:

「はい!」と言って拍子の図形の1拍目の位置へ右手を動かします。

 示範する。
 何度か練習する。
 できてきたら、次へ進む。

指示7:

 今度は演奏者と一緒に息を吸って演奏を始めます。
 息を吸いながら拍子の図形の1拍目の位置へ右手を動かします。

 示範する。
 今度は「はい!」と言わないでブレス(息を吸うこと)で開始する。
 何度か練習する。

(2) テンポと拍子を示す

以下に示す拍子の図形も、②にある通り、自然界にある動きで構成されている。

<2拍子>

2byousi

<3拍子>

3byousi

<4拍子>

4byousi

 上の拍子を示す図形は次の自然界に存在する3つの動きで構成される。

①縦の動き…物の落下運動
Tataki
②横の動き…振り子の運動
Yoko
③斜めの動き…円運動
En

 3拍子では、<円運動+振り子の運動+円運動>で構成されている。
 基本図形を板書して、イメージ化させるために次の説明をする。

説明2:

3拍子は、イチョウの葉っぱの形です。

 基本図形を描く範囲は次の図の通りである。
 子どもたちには示範しながら、次の説明をする。

Hani

説明3:

みんなが指揮の図形を描くキャンパスはへそから頭のてっぺんまでの範囲です。

 実際に基本図形を描く練習を行う。

指示8:

先生の合図に合わせてイチョウの形を描きます。

Ichou

イチ:左斜め(円運動)
二―:左から右(振り子の運動)
サン:右から元の位置へ(円運動)

 始め、動きを確認しながらゆっくりと号令をかけていく。段々テンポよくやっていく。
 示範は子供から見て分かりやすいように左手で振る(鏡の状態で)。できないときは、号令だけで行う。
 イチョウの左右のバランスをチェックする。

(3) 曲の終わりの合図をする

 終わりの合図とは、最後の音を止める合図である。
 最後の音で拍子を示す基本動作を止め、回転運動と指を閉じる動作で音を止める。

指示9:

最後の音で、拳を上に向けて動作を止めます。

Tome1

♪わすれがーたき ふるさ とー
             ↑
          基本動作を止める。
          手を上の図のようにする。

指示10:

最後の音の最後の拍で、円を描き、親指と人差し指で軽く握ります。

実際に示範して見せる。
ギュッと握ると演奏者は乱暴に音を止めてしまうので、そっと握るようにする。

Tome2

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド