TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/16 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1111029 更新:2013年10月22日

じらして意欲的に音読させる


 教え方教室で向山洋一氏に、単元の初めの音読の方法を教えていただいた。その方法とは、次の方法である。

 教材文の題の横に、○を10個書かせ、音読が1回終わるごとに○に色を塗らせる

 この方法をもとにした、音読のさせ方を紹介する。

 単元の初め、子どもたちに言う。

説明1:

今から先生が「おおきなかぶ」を読みます。先生だけが読みます。みんなは読んではいけません。

 教師が全文音読する。そして、子どもたちに言う。

 よーし、先生は1回読んだぞ!

そして、黒板の右端に○を10個書いて、そのうちの1つを赤チョークで塗る。先の向山氏の方法はすでに子どもたちはこれまでに行っている。

説明2:

もう1回、先生だけが読みます。みんなは聞くだけです。読んではいけません。

「ええっー!」という声も聞こえるが、聞き流す。
 再び、全文音読する。そして、言う。

 よーし、先生は2回読んだぞ!

 黒板の○にもう一つ得意げに色を塗る。

説明3:

 もう1回、先生だけが読みます。みんなは、まだ読んではいけません。

「え、えっー!」「ずるいー!」と子どもから声がする。読みたくてうずうずしているのである。
「みんなも読みたいの?」と聞くと、「読みたい!」「読みたい!」と言う。

指示1:

では、みんなも読みましょう。1回読んだら、○に色を塗るのですよ。では、どうぞ。

子どもたちは、待ってましたとばかりに、読み始める。教師の2回にまず追いつこうとするのだ。
 何回じらすかは、教材文の長さ、子どもたちの雰囲気で決めるとよい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド