TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/19 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1211161 更新:2012年12月11日

楽しい背番号ドッジボール


楽しい背番号ドッジボール

                                        TOSSアンバランス福島 三瓶まゆみ

これは第2巻p451,佐藤義郎先生の論文の紹介である。

九九ドッジボール

<方法>
① 全員が,1から9までの背番号をつける。
  (18人以上の人数なら,1から9までで番号をふやす)
② 当てた児童は,自分の背番号と当てた相手の背番号のかけ算を
  3秒以内に(審判が,1,2,3と数える間に)言う。
  (自分が2,相手が3なら二三が六)。

 言えればよいが,言えない場合は,当たったことにもならない。
 審判には,○と×のカードを用意しておくとよい。

あわてておもわず九九を忘れてしまう子ども,
背番号なので相手の番号がわからなくて言えない子どもなどの
ハプニングがあって面白い。

子どもたちは,自然に背番号を見られないように逃げるようになる。
相手は,背番号を覚えておこうと必死である。

2年生で九九を学習した後に実践すると,なお楽しい。
算数の時間だけでなく,様々な場面に九九を取り入れることで
定着が図れる。

これは学級PTAで親子ドッジボールとしても実践してきたが,
親でもとっさに言えないことなどもあり,楽しいドッジボールができた。

ほかにもまだまだ背番号やカードを持つことによって,
バリエーションが考えられるのである。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド