TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/20 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1121230 更新:2013年10月15日

どちらが長いか比べる


算数ML馬場氏の授業報告の追試
子どもたちは定規で長さを測っていた。「直接はかってはいけない」ということをあらかじめ言ってあるため,
コンパスではかった長さを,さらに定規で測りなおしていたのである。
馬場氏の報告にはこのような方法はない。ここが馬場氏の授業との違いである。
チャレンジの問題にも進めなかった。(馬場氏は進んでいる)

最初の指示の検討

□5.「たかしさんの家から~」みんなで。さんはい。
「コンパスを必ず使って調べます。定規は使うこともありますが,直接はかっていけません。
 先生がなるほどと分かる,というやり方にはAをつけます。できたらもってらっしゃい」

「どちらが長い」という問いに対して,子どもたちは「長さをはかって比べる」という方法をまず考えていた。
従って,ミニ定規で長さを測って,何cmか比べる方法をイメージしていたのである。
これは,今までの学習から出る自然な発想である。
しかし,授業をしていたときに,そこまで見抜けなかった。
コンパスを使ってはいるものの,全員何センチかはかりだしたのを見て,あせってしまったのである。
私の場合,次のように指示すべきだったのではないかと考える。

「この場合,定規を使って何cmかはかれば,簡単に分かります。
 今日は,何cmかはからなくても分かる方法で調べてらっしゃい。
 コンパスを使います。定規は線を引くときだけです。何センチかははかりません。
 先生がなるほどと分かる,というやり方にはAをつけます。できたらもってらっしゃい。」


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド