TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/05/22 現在)

21496
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6351295 更新:2013年10月14日

地図帳の使い方


地図帳の使い方を、身近な場所を探させることにより行った。
今回は長野県の浅間山が噴火をしていたので、それを教材にして指導した。

発問1:

長野県で山が噴火していた山があります。何という山でしょうか。

浅間山。ほとんどの子が知っています。

発問2:

浅間山はどこにあるでしょうか。地図帳で探してみましょう。

 名前は知っていても、どこにあるのか知らない子が多くいます。長野県を探し、そこから浅間山を見付けるのは至難の業。たくさんの小さな字から見付けるのである。「先生、ないよ。」「本当にあるの。」という質問には「あるから頑張って探そう。」としか答えません。
 ここでは後に索引の指導をするのですが、索引とは便利だと感じさせるためにわざと一つ一つ探させます。5分ぐらいして1人、2人と見付けた子が出てきます。その子たちに、他の子に教えるよう指示しました。

説明1:

実は、調べたいところをもっと早く、簡単に調べられる方法があるのです。62ページを開きます。索引というところがあります。地図に載っているいくつかの名前が、あいうえお順に並んでいます。浅間山なら「あ行」を順番に見ていくとあります。

発問3:

索引で浅間山を見付けたら、指で押さえなさい。 
索引の浅間山のところには何と書いてありますか。

 浅間山を索引で調べると次のように書いてあります。
【あさまやま 浅間山 29 カ4】
(黒板にそのまま写す。)

指示1:

あさまやまの後ろの29というのは29ページに書いてあるということです。29ページを開きなさい。

29ページを開いたところで説明する。

指示2:

後ろのカ4というのは、そのページの中のどこに書かれているかを表したものです。浅間山は29ページのカと書いてある列と、4と書いてある列の交わるところの四角の中にあります。その中だけを探せば、必ずあるのです。

 上の図を黒板に書きながら、説明をします。比較的容易に分かったようでした。とはいうものの、その四角の中からでも、探すのは大変。早く見付けた子が、応援に駆け付け、教えて回りました。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド