TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/24 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1111457 更新:2013年10月13日

虫のつく漢字(岡恵子実践の修正追試)


1.「風」の漢字文化

 「風」を提示する。

発問1:

この漢字は何と読みますか。みんなで言ってみましょう。さん、はい。

「かぜ」

説明1:

そうですね。これは「かぜ」と読みます。「風」という漢字は2つに分解することができます。

・虫と凡に分けられる。

説明2:

「几」はもともと「凡」と書きました。「凡」は風が吹くとひらひらはためく船の「帆」を表しています。「はためく船の帆」と「虫」で「風」です。

発問2:

では漢字の風はいつごろのどんな風を表しているのでしょうか。次の4つから1つ選んでノートに書きなさい。
1 虫が土の中から出てくるので「春のあたたかい風」を表している。
2 台風を予知した虫が何かにかくれているので「台風のころの大風」を表している。
3 虫が冬眠しはじめるので「秋の冷たい風」を表している。
4 虫が木枯らしの中でじっと冬眠しているので「冬に吹く木枯らしの風」を表している。

・どれだと思うか挙手させる。それぞれの理由を聞く。

説明3:

正解は・・・ちょっとおあずけにします。

・正解はまだ告げずに次へ進む。

2.虫の漢字文化

発問3:

虫のつく漢字をできるだけたくさん見つけてノートに書きなさい。

・子どもに授業する時は「漢和辞典」で調べさせる。

・数名に発表させる。

説明4:

いろいろな漢字に「虫」という漢字が使われています。

様々な「虫」のつく漢字を示す。

発問4:

でも、虫ではない「蛇」や「蛸」や「蟹」にまで「虫」が使われています。どうしてでしょう。実は虫のつく生き物には共通していることがあります。それは一体何でしょう。ノートに書きなさい。

・数名に発表させる。

説明5:

正解は虫のつく生き物はたくさんの「卵」を産むということなのです。

・なるほど!

説明6:

卵を産む生き物はたくさんの卵を産み、その卵からかえった幼虫があたり一面にうじゃうじゃとうごめきます。そのうじゃうじゃと動く様子に着目してその生き物に「虫」がついたのです。

説明7:

だから「虫」のもとの漢字は「蟲」と書きました。

3.風と虫の関係を知る

説明8:

春風が吹き始めるとどこからともなく「虫」が現れてきます。昔の人々は「風が虫を運んでくるに違いない」と考えました。「風」に「虫」がいるのはそのためなのです。正解は「春のあたたかい風」です。

「蠢く」と表示する。

発問5:

今日の勉強から考えてこれを何と読むと思いますか。春に虫と書きます。

・ヒントを出す。「3文字です。」

・正解(うごめく)を告げ、授業を終える。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド