TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/16 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7212607 更新:2013年10月13日

6年「やまなし」の実践(向山洋一実践の追試)第10時


やまなし 第10時「それぞれの色は何を表しているのか」10月30日(火)

 子どもの宿題のノートを見ると子どもたちはなかなかよく色の分析を行っていた。
 本時はお互いのノートに書かれた内容を聞いているだけでも勉強になると考え、指名なし発表のみさせた。
(授業としてはやや単調になってしまったことを反省している。やはり、二者択一による討論が思考を促す。)

 二つ目に多く出てきた色は、黒と白だ。まず、黒を考える。
 黒が使われているものは、魚のかげと、かわせみの口ばしと、やまなしと、かにのかげの、4つだ。この中に、私が最も重要だと考えた対比「かわせみ⇔やまなし」に関係するものがある。かわせみの口ばしと、やまなしの二つだ。前も説明したが、どちらも川に飛びこんできたというところまでは同じだ。飛びこんできた時点では、まだ何かはわからなかった。ということは、やまなしをかわせみと思いこませるために黒くしたと考えた。つまり、黒というのは、恐怖を象ちょうしていると考える。
 三つ目に多いのに、黄金がある。
 黄金が使われているのは、日光と、光と、ぶちだ。初めに黄金が使われているところに、「「クラムボンは笑ったよ。」「笑った。」にわかにぱっと明るくなり、日光の黄金は、夢のように水の中に降ってきました。」とある。「笑った。」や、「夢のような」など、明るいイメージの言葉が、黄金という言葉のまわりにある。黄金のぶちでも、やまなしは、かわせみと違って、安心をできるものだった。つまり、黄金は、安心を象ちょうしているのではないかと考えた。これだと、前に対比が象ちょうしているものは何かの時に多かった、「やまなし→安心」と同じになる。つまり、作者は黄金を書くことで、これは安心できるものだということを言いたいのではないかと考えた。
「やまなし」の中で、一番多く出てくる色は、青だ。
 青が使われているのは、幻灯と、上の方や横の方、かわせみ、天井の波だ。幻灯や、上の方や横の方というのは水の中のことで、かわせみは、かわせみの色のことを言っている。かわせみの青というのは、恐怖ではないかと考えたが、それだと、黒と同じになるし、かわせみ以外の青のものが恐怖にあてはまらない。なので、これはよくわからない。

 次のような意見もあった。

青・・・・死、宮沢賢治の心の中(気持ち)、感情、
白・・・・葬式、明るさ、生、安心感
黒・・・・葬式、どすぐろさ、不特定なもの、恐怖感、怪しい
黄金・・生まれかわる、妹トシ(とても大切なもの)、幸福、宮沢賢治の気持ちをごまかす色、
青白・・・恐怖の感情
赤・・・・・危険、恐怖感、恐い、ひどい

 ちなみに、「青」という漢字は「十二月」という漢字からできているという意見もあった。

宿題は「対立する2つの色とそのイメージを考えてくる」こと
①対比されている色をいくつか取り上げて、その理由を書く。
②その中でも特に重要な色の対比を取り上げてその理由を書いてくる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド