TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/12/19 現在)

21575
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8520962 更新:2013年10月13日

【TOSS福袋】2010年記録


2010年1月

mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】1月例会の報告をいたします。

栗林雅幸先生
福井將博先生
橋本麻紀先生
福原正教

(欠席連絡)
村岡壮一郎先生
東照久先生
横田純一先生
戸崎恵先生

【1】模擬授業

① 福井先生「比を使った問題」
落ち着いた授業運び,ていねいな指示確認をされていました。板書の字もていねいで,落ち着いて授業を受けることができました。教科書の基本形どおりに授業されていたのですが,「×16」がどうやって出てきたかを問うたところで,少し空気が重くなってしまいました。(「3:5=48:□」という問いでした) 何倍したかが「16」ととても大きいので,この問題ではイメージがしにくいかなと思います。(その前にもう少し教科書も考えて作れよと思いますが)

② 福原「クイズ100%」
TOSSデー「すべらない授業」でする予定のネタです。あまり練習していないので流れが悪いです。スムーズに流れるように,サイトにももう少し手を入れなくてはいけません。 「すべらない授業」と言いながら,昨年はすべっているので,今年は何とか雪辱したいですね。

【2】検定授業

① 栗林先生「アンパンマンの心」
ウルトラマン,仮面ライダーとアンパンマンのヒーローとしての違いから導入した授業でしたが,ちょっと分かりにくかったかなと思います。「食べるものを分け与える」というアンパンマン独自のヒーローの姿に大きくスポットを当てるといいかと思います。また,授業を見せてください。

② 橋本先生「Where do you want to go?」
明日,検定です。橋本先生,戸崎先生,村岡先生と,ずっと検定を受け続けていますね。頭が下がります。私も先生方の姿に刺激されてまたがんばります。 昨日の大和例会である程度かちっとしていたので,授業もスムーズに流れていました。それに加えて,福袋例会で話をしたことがほんの少しでも役立って,さらに授業が磨かれていたら本当にうれしいです。明日の検定がんばってください。

③栗林先生「一番はじめは」(ビデオ)
昨日,教室でされた授業を見せてもらいました。表情と言葉がかたいかなと思いました。けど,いいんです。ビデオにとったことで,栗林先生本人も分かったのですから。分からなければ,いつまでもかわりません。こうやって少しずつよくなっていくのですね。実際,「話す聞くスキル」を使っての授業,半年前とは比べ物にならないほど,うまくなっています。努力はうそをつかないのですね。

【3】算数課題「比が等しいかどうか調べましょう」

福井先生が用意してくださった課題です。この課題を橋本先生と栗林先生と私とで行いました。
栗林先生は比の授業はたぶんはじめてですね。ぱっと見て,どのような授業をするか考える。このような瞬発力も必要です。(もちろん,きちんと予習して臨まなくてはいけませんが・・・。私はこの点で少し反省です)
橋本先生はさすが! 基本に忠実ないい授業でした。一つ一つがしっかりおさえられています。 私のは少し変化球っぽいかな。
福井先生,ここは少し難しいと思いますので,また,復習されるときに,私たちの授業を参考にしてもらえたら幸いです。

次回の福袋は2月13日(土)です。五色百人一首奈良県大会の前日。よかったら,ルールの確認,審判の練習などもできたらと思います。 ぜひ,ご参加ください。

2010年2月

mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】2月例会の報告をいたします。

栗林雅幸先生
沼井梨彩子先生
柴田裕美子先生
村岡壮一郎先生
橋本麻紀先生
東照久先生
福原正教

(欠席連絡)
横田純一先生
松本隆行先生
戸崎恵先生

【1】模擬授業

① 栗林先生「おーい,こっちだよ」
明日の検定の授業です。検定に向かわれる姿勢がまずすばらしい。立ち姿もこの前の検定のときよりもずっとよくなっています。 教師たい子どもでは,いかに教師がメリハリをつけて問題を出せるかがポイントになると思います。声の大きさだけでなく,声の感じ,はり,スピード,リズム,区切り方などありとあらゆることを考えて,「一つ一つきちんと考えてきているぞ」ということをアピールしてください。 明日の昇級を願っています。

② 橋本先生「Can I borrow your pen?」
同じく明日の検定の授業です。私,実は今週4回見ているのです。確実に少しずつよくなっています。木金は活動と活動の間をすごく意識されていました。次への活動がとてもスムーズなのです。月曜日,しあわせ例会で鍛えられた成果ですね。今日は,笑顔がとてもよかったです。参加者がつまりそうなところを乗り越えたとき,最高の笑顔でほめてあげられたら,とても楽しい授業になり,結果も自ずとついてくると思います。

③ 沼井先生「Where do you want to go?」
状況設定の道案内のところがとてもおもしろいですね。トコトコがいい。(村岡先生,状況設定の相手役がすごくうまいんですよね。明日の検定でも橋本先生を助けてあげてください。) 沼井先生と村岡先生に合わせて,後ろの画面がすっと動くのが私は好きです。みんな,画面をうまく使うなあ。柴田先生の家の中に入る映像もとてもよかったし。うん,勉強になります。 ちょっと練習不足の感がありますが,磨けばとてもすてきな授業になりそうですね。

④ 柴田先生「Where do you want to go?」
状況設定がばつぐんにいいですね。落ちもおもしろくていいです。落ちの「温泉の素」が一目で分かるような工夫があればなと思いました。私ならサイトでそれを表すかな。お風呂に入浴剤を入れている画像と,「がくん」となるような音で表せるんじゃないかと思います。もちろん,画像と音声はただの付録で,柴田先生の演技が一番のきもとなります。 授業はしっとりしていて,気持ちよく受けることができました。

⑤ 福原「中田厚仁」
何回もかみました。練習不足が顕著。題材はいいと思うので,すっと言葉が出るようになれば,引きつけられるのではないかと思います。こうやって例会にかけたら,自分でだめなところが前面に出てくるので,とてもいいですね。

⑥ 村岡先生「錯視」
文句なくおもしろい。たたみかけるように次々と問題を出していき,そこから,「この技術を使ってこういうことができるんですよ」という話にもっていくと,すごくいい授業になるんじゃないかと思います。Newtonから,私は,「蛇の回転」「レモン色の渦巻き」と「ドットが消える」「傾き錯視」「シェパード錯視」が好きです。 あと,sketchup の技術がやっぱりすごい。さすが村岡先生。

⑦ 東先生「脳科学の知見 」
「パソコン会場」の準備の方,ありがとうございます。きちんと授業にしていただき感謝しています。とても重要なことなので,子どもに見せてあげたいと思います。 TOSSランドの紹介も兼ねた部分なので,「子どもに使わせたくなるサイトの紹介」で授業していただけるとありがたいです。これは,依頼したときにはっきり言ってない私が悪いのです。ご迷惑かけます。よろしくお願いいたします。

⑧ 沼井先生「つるつるするものなんだろな」
谷川俊太郎さんの詩を使った授業です。おもしろいです。これは,追試したいですね。乗ってきて,子どもからどんどん傑作が出てきそうな気がします。 前半は○で言葉を伏せて当てるのですが,これが少し難しい。難しかったら,当てようとしないで先生が答えを言ってくれるのを待つようになってしまうので,最初の文字を入れたり,とっかかりがほしいですね。また,本当にその言葉を伏せ字にするのかという検討もいるかな。あとは,隠すのは○がいいのか□がいいのか,長い□にした方がいいのか,これも考えるところだなあと思いました。 最後にすばらしい作品ができて,「おーーー」という中で授業が終わりそうですね。

たくさんのご参加ありがとうございました。
次回の福袋は再来週の3月13日(土)です。 ぜひ,ご参加ください。

2010年3月

mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】3月例会の報告をいたします。

東照久先生
村岡壮一郎先生
沼井梨彩子先生
福原正教

(欠席連絡)
戸崎恵先生

【1】模擬授業

① 東先生「素因数分解」
東先生らしい一つ一つのステップをきちんと踏んだ分かりやすい授業でした。中学校のとき,いきなり素因数分解の式から習ったような気もするのですが,一つ一つ段階をふんで教わっていたらもっと式の意味が分かっただろうなと思います。「1は素数ですか?」という質問が出るのも知的でいいですね。

② 東先生「TOSSデーパソコン会場練習」
東先生には,TOSSランドを使った授業をお願いしています。東先生が選択されたのは,TOSSランドの中でも指折りのお得サイト。参加者のみなさんの中にはきっと知らない方もいるのではないかと思います。とっても便利ですてきなサイトです。東先生がどのように授業されるのかも楽しみです。

③ 沼井先生「つるつるするものなんだろな」
2週間前に福袋例会で見ました。そのときよりもすっきりしてよくなっていました。「この部分を最後に持ってきたい」というのがはっきりしていたので,終末部分に向けてみんなで授業検討をしました。すごくすっきりしたいい授業になりました。TOSSデー「すべらない授業会場」での授業が今から楽しみです。

④ 福原「二文字ことばゲーム」
若草例会の講座用に作ったコンテンツです。村岡先生は初めてだったので見てもらいました。なかなかの盛り上がり具合。沼井先生は変更可能と言ってくれたし,お言葉に甘えて,授業変更しようかな。

⑤ 村岡先生「TOSSデー新学期会場練習」
「理科室でやってはいけないこと」のプリントがとてもおもしろかったです。勉強になりました。これがメインかと思いきや,メインは他にあるのですね。どれだけボリュームのある講座になることか・・・,とても楽しみですね。

⑥ 福原「Google Earth授業」
およそ授業になっていない中途半端な状態でした。けど,それでもやってよかったです。授業にかけてみて,その中でいろいろご意見をいただく。そこから,授業としてだんだん見えてくるものがありますね。たくさん意見をいただけたことで,少し形が見えてきました。言ってももう2週間ですから,ここからしっかり仕上げて行かなくてはいけません。

ご参加ありがとうございました。
次回の福袋はTOSSデー期間中の4月24日(土)です。
4月に例会をするのは久しぶりです。ぜひ,ご参加ください。

2010年4月

mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】4月例会の報告をいたします。

松本隆行先生
東照久先生
村岡壮一郎先生
福原正教

(欠席連絡)

【1】模擬授業

① 松本先生「鍵屋弥兵衛」
TOSSデー日本会場のネタです。途中まで見せてもらいました。 花火のネタで,興味深いです。 最初の写真は,動画を取り込んで見せるのもいいかなと思いました。 私は「柳生十兵衛」 苦しんでいます。どうやって授業しようか。

② 松本先生「らくらく方位くん」
新村先生のサイトから。私も3年生をもっているとき,新村先生のサイトにいっぱいお世話になりました。らくらく方位くん,とても分かりやすいです。参観日,これをされたんですよね。かちっとした授業で,みんな分かるようになって,保護者の方も喜ばれたのではないでしょうか。

③ 松本先生「しりとり言葉」
言葉がけずれていて,さすがの授業でした。松本先生,とてもテンポがいいんですよね。一つ一つの言葉が歯切れがよくて,どんどん引き込まれます。大切な言葉を絶対に落としませんし。

④ 村岡先生「Do you like?」
村岡先生は声がとてもはっきりしているのです。立ち姿もいつ見てもぴしっとしてますし,武道家のたたずまいだなと思います。 12分という長丁場の講座なので,パソコンを使った授業,パソコンを使わない授業の2本立てで示すと,参加者の方に分かりやすいかなと思いました。

【2】算数課題 3年「時刻と時間」(日文)

・時刻は一瞬,時間には幅がある。「休み時間って言うんだ。休み時刻じゃないだろ。そんなの一瞬で終わってしまう。」
・正午は1日のうちのほんの一瞬。テレビが教室にあれば,フジテレビにしておいて,「笑っていいとも」の開始を待つ。「お昼休みは♪・・・」の「お」の言い始めくらいが正午。
・時計の読み方は分からない子には細分化する。
・正確に答えさせるために。
「何時ですか?」
「9時30分です。」
「おしい。98点。何か前につけるんだったよね。」
「午前9時30分です。」

ご参加ありがとうございました。
次回の福袋は5月22日(土)です。

2010年5月

mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】5月例会の報告をいたします。

岸本典子先生
村岡壮一郎先生
東照久先生
福原正教

(欠席連絡)
松本隆行先生
戸崎恵先生

【1】模擬授業

① 東先生「乗法公式」
中学校のときに習った,(x+a)(x+b)=・・・という公式です。1つずつきちんとおさえていかれていて,ていねいな授業だと思いました。 授業の中で,1つ疑問が出たのですが,これはまた別メール(SNS)で。

② 福原「ふれあい囲碁導入」
マグネット囲碁盤を使ってのふれあい囲碁の導入です。まだ,きちんとおさえられていないので,少しぎくしゃくしています。練習して,研究授業ではもっとよくしなくては。

③ 福原「十の位が0のひき算」
プレゼント用サイトを実施しました。他に,5年「合同な図形」の導入サイトもプレゼントしました。

【2】算数課題 1年「あわせていくつ ふえるといくつ」(日文)

・おはなしづくりは,順番を意識する。
・おはなしづくりの中に,数を入れるようにする。
・ブロックを金魚や人の上にのせる。
・合わせるときは,両手でブロックを合わせる。ふえるときは,片方のブロックだけを動かす。
・「4+2=6」の式をつくる問題。場面を限定する。最初はすずめだけに限定してみんなで問題を作る。その後,あじさい,人,など選択させて作らせる。

合成,分解の段階に入ると,ブロックより百玉そろばんの方が圧倒的にいいです。しかし,人やものの上にのっける段階では,ブロックの方が使えます。百玉そろばんでは,分けられませんから。もちろん,その段階はあっという間に終わってしまうのですが。

ご参加ありがとうございました。
次回の福袋は6月12日(土)です。

2010年6月

mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】6月例会の報告をいたします。

松本隆行先生
村岡壮一郎先生
丸山美香先生
福原正教

(欠席連絡)
東照久先生
横田純一先生
戸崎恵先生

【1】模擬授業

① 松本先生「ストーリーメーカー」
本日検定。がんばってください! 授業は何度もされていることですし,まったくよどむことなく進んでいきます。参加者との軽妙なやりとり,松本先生の真骨頂ですね。

② 村岡先生「わり算」
東書のわり算の導入問題です。パイを配る場面で「1人3こずつよ。」とお母さん。女の子が,「何人分あるのかな?」と疑問を出している場面です。ちょっと違和感がありますね。この場合だと,考え方は1人1個ずつ順番に配っていくのじゃないだろうか。(もらえない子が出たらどうするんだ。) 授業のことでなくて,すみません。 わり算は私の学級の特別支援児もわりと簡単にクリアできました。かなり勉強が厳しい子ですが,下にかけ算を書く必要もありませんでした。

【2】算数課題 3年「表とグラフ」(日文)

・絵をはりかえたのはよかった。けど,さるが3匹の絵なので,そこは数え間違える可能性がある。教科書の絵はすべて1匹ずつ。こういう点は配慮されている。
・「そのた」のあつかい。「本当は全部書くのがいいんだけど,教科書の表の幅には限りがあるので,仕方なくそのたの中にまとめているんだよ。」
・「合計」が何をさしているかおさえる。(3年1組の人数)
・「すきなどうぶつしらべ(3年1組)」の中で,表題はどの部分か。日文では,「すきなどうぶつしらべ」としている。「(3年1組)」についても,きちんと教科書の中でふれるべきだろう。
・棒グラフにするとき,「そのた」を最後に書く。説明はごちゃごちゃ言わずに,教科書の記述を根拠とする。「そのたは,いちばんさいごにかくんだよ。」

参加者の方には,フラッシュのサイトをお持ち帰りいただきました。
ご参加ありがとうございました。
次回の福袋は7月10日(土)です。

2010年7月

mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】7月例会の報告をいたします。

栗林雅幸先生
松本隆行先生
赤塚照子先生
東照久先生
村岡壮一郎先生
福原正教

(欠席連絡)
横田純一先生
戸崎恵先生

【1】模擬授業

① 赤塚先生「家庭科の発表(大豆)」
まとまっていて,とてもおもしろかったです。あのような発表だったら,研究大会で聞いていても気持ちよく聞けるだろうなと思いました。 途中,発問もあり,興味深く最後まで聞けました。 最初のヒントでピント,何とかがんばります。お楽しみに。

② 栗林先生「赤とんぼ」
国語2年下の扉の詩です。私も何度か授業したのですが,当たり前のことしか聞けませんでした。途中,松本先生の「何でゆうびんマークになってるの?」(文責福原)という問いから,一気にこの詩がおもしろくなりました。最初に出てくるつくつくほうしにも,意味があるように思えてきました。これは,楽しい授業になりそうです。(来年,あるかどうかは分からないけど)

③ 東先生「2次方程式」
いつもながらていねいな授業です。こうやって教えてもらえるとよく分かるようになるのでしょうね。ところで,私,この2次方程式の解の公式,まったく記憶にありません。中学のときに,何やってたんだろう?

④ 松本先生「向国課題(”た”の違い)」
3つを時系列でまとめるのが分かりやすいです。Aの未来とBの過去はすぐに分かります。Cで少し迷います。現在かな過去かなと。東先生はこういうとき,すぐに例示を出せます。私はこういうとき思考停止してしまうので,すごいなといつも思っています。

⑤ 村岡先生「バランスとんぼ紹介」
型紙をいただいたので,また,教室でやってみます。びっくりでしょうね。

【2】算数課題 1年「20までの数」(日文)

・できるだけ汎用性をもたせたので,教科書がかわっても使ってもらえると思います。
・「数えましょう」の中で,2とび,5とびで考えるところがある。ここは,百玉そろばんが大活躍するところである。ふだんから,百玉で指導していると,ここはとても簡単。
・「10と2で12」だけでなく,「12は10と2」というように,反対の練習も必要なのかもしれない。

ご参加ありがとうございました。
次回の福袋はお休みして,かわりにやP研を開催しようと考えています。
日時は未定です。

2010年9月

mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】9月例会の報告をいたします。
何か例会報告久しぶりだなあと思ったら,8月は,やP研をしたのでした。

栗林雅幸先生
松本隆行先生
村口寛明先生
東照久先生
村岡壮一郎先生
福原正教

【0】雑談
SNSで書いた,「その日によってプレゼンが受けるときと受けないときの違い」について,松本先生からご意見をもらいました。 「やっていることは同じように思ってるけど,何か福原先生のテンション(だったかな?)が全然違う。」 すべるべくして,すべっていたようです。 けど,どうしたらすべらないのか,かんじんなところはよく分かっていません。??? どうしよう。

【1】模擬授業

① 栗林先生「それ,ほんとう?」
検定用授業です。栗林先生,ほとんどノープラン・・・というわけではないのですが,オーソドックスな展開を考えてらしたので,松本先生,村口先生とともに授業を作っていきました。そうしてできあがった授業は,松本先生が「おれ,これTOSSデーでしようかなあ。」というほど,きれたものに。栗林先生,ぜひ,これで25級をこえてね!

② 松本先生「知的な授業をつくる技術」
秋のTOSSデーレジュメから。教育は魔法ではない。日々の積み重ねが大事ということがよく分かる資料です。私もそう思います。私は「気楽な書写」がお気に入りです。子どもに優しいです。 この資料以外にも,秋のTOSSデーでは,松本先生からすてきなプレゼント(福袋参加者全員絶賛の嵐)があります。ぜひ,秋のTOSSデーにご参加ください。

③ 東先生「関数 y=ax2(二乗)」
すっごく分かりやすいです。教科書を見ると難解そうな感じがしますが,できあがった板書を見ると,「何だ,簡単なことじゃないか?」と誤解してしまいそうです。言葉もけずれて,指示がよく入ってきます。 福袋は基本は算数のサークルなので,東先生が毎回数学の授業をしてくださるのは,場がひきしまって本当にありがたいです。

④ 福原「インターネットランド会議プレゼン」
順番で言うと,今日は”うける”日です。受けました(やったー) はじめて見た栗林先生が絶賛してくれてうれしかったです(浮かれてしまいますね)。「このコンテンツを使いますか?」という場面で,松本先生から代案をいただきました。二段落ち・・・できるかどうか分かりませんが練習してみます(村口先生からは「福原先生のキャラじゃない」と言われましたが,チャレンジ)

【2】算数課題 2年「かけ算(1)」(日文)

もう何度も学習しているかけ算の指導。基本中の基本の指導なので,すっかり分かったつもりになっていましたが,今まで気づかなかったこと,新たな視点がごろごろ出てきて,とても楽しかったです。
今日はページで割り振りせず,やりたい人がどんどん前に出てくるチャレンジ方式で行いました。割り振りするより,こっちの方が楽しいですね(教材にもよりけりですが)
まず出てきたのは栗林先生。トップで出てくるのはそれだけでえらい。
村口先生がその次に登場。
若い人がどんどん積極的に前に出てくるのはうれしいですね。

今回の授業で一番の驚きは,「間違いさがし」ならぬ「同じところさがし」
松本先生からの発問「p3とp4で同じところを探しなさい」 同じ場所の絵なのですが,よく見るとうつっている子どもが違う。(気がつかなかった)。1日目,2日目と考えると,子どもが違っているのは納得できます。けれど,たった1人だけ同じ子がいるのです! さて,どの子でしょう?
授業の本質とは違うのですが,教室ですると大うけ間違いなしのネタです。教科書かわるから,今年限定ですが。

・教科書の基本形を繰り返す。
「1だいに3人ずつ4だいぶんで12人です」
「1せきに2人ずつ2だいぶんで4人です」
・「こたえのもとめかたをかんがえましょう」
これ,どこまでやったら教科書チェックができるんだろう。 いくつか出させるだけでOKなのか?
・2のだんの九九  2×1から,2×4までイラストされているので,数えれば答えが出る。これは2×2以降はカーテンで隠さなくてはいけない(見えないようにする)。目で見て数える段階は前時までで終わっている。ここからは,数を予想して,いくつ増えるのか考えて行かなくてはいけない。

ご参加ありがとうございました。
算数の課題,やっぱり楽しいです。勉強になります。
次回,ぜひ,ご体験ください。

2010年11月

mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】11月例会の報告をいたします。

(参加)
栗林雅幸先生
松本隆行先生
岩倉大先生
福原正教

(欠席連絡)
村岡壮一郎先生
東照久先生
横田純一先生

【0】TOSSデー企画 & iPad談義

栗林先生と松本先生にTOSSデーパソコン会場の講師を依頼。快諾してもらいました。また,講座のアイデアを一ついただきました。「入門書にものっていないQ50」とても楽しくなりそうです。 ここで,岩倉先生登場。iPad談義が始まりました。パソコン会場では,iPadを持ち寄っていただき,それぞれ散らばってiPad談義をしていただこうと思っています。それぞれ自慢のアプリ,効果的な使い方など話すことはいっぱいある気がします。

【1】模擬授業

① 栗林先生「あいさつのことば」
一週間後の検定の授業です。光栄なことに私の授業の追試です。この授業は残念ながら深みはありませんが,リズム&テンポを養うにはもってこいの授業だと思います。栗林先生にとって,今一番必要な部分だと思います。松本先生が模範授業されました。お手本のようなリズム&テンポ。ビデオにとられていたので,何度も見てください。何度も聞いてください。私は,杉谷先生に代案していただいた部分をCDにして,学校の行き帰り,一ヶ月間,聞き続けました。その部分は,とても上手になりました。おすすめします。

② 栗林先生「かけ算の導入」
検定の授業候補として,こちらも持ってこられました。啓林館です。九九をまだ習っていないのに,6×5の答えを求められます。6+6+6+6+6で答えを出せということなのですが,無茶です。(かけ算の)式を立てることだけに限定すべきだと思います。内容に無理があるので,当然,検定にはふさわしくないというのが参加者みんなの結論です。

③ 福原「大きい数」
前日の法隆寺例会でした大きい数です。横田先生が,このコンテンツを使って,パソコン会場で授業してくださるとのことです。私もこのコンテンツにいくつかたして,横田先生が授業しやすいように環境を整えたいと思います。

④ 松本先生「AKB48のビデオ」
職員みんなでダンスされた秘蔵の映像を見せてもらいました。先生方(校長先生も)が壇上で踊り,松本先生は壇からおりて,少し前で見本となるようにおどります。松本先生が振り付け担当だったからです。 このビデオは5年生の子が担当してとったそうで,壇上の先生をとるだけでなく,時々,前方にいる松本先生の方にもカメラを動かしていることに優しさを感じます。

⑤ 松本先生「もみじ」
先週のTOSS金魚の課題です。1番の歌詞と2番の歌詞が対応しているという授業で,何か松本先生らしい授業だなあと思いました。

ご参加ありがとうございました。
次回例会は,12月11日(土)です。

2010年12月

mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】12月例会の報告をいたします。

(参加)
松本隆行先生
戸崎恵先生
東照久先生
村岡壮一郎先生
横田純一先生
福原正教

【0】iPad談義

このところ,福袋例会で恒例となっているiPad談義です。
今日は,パソコンとつないでのアップデートの仕方,Goodreaderの使い方,同期の取り方などをしました。 また,SNSで紹介したアプリ,「単語カード」「漢字練習」「筆順辞典」の実演も行いました。
しかし,そんな中でぶっちぎりで盛り上がったのが,「Akinator」松本先生が絶賛したアプリです。教育用ではなく,遊びです・・・。

【0】絵本紹介

「さつまのおいも」 「○×うさぎ」
「まめうしくんとあいうえお」 「へんしんトンネル」
「りんごがひとつ」 「さかさのこもりくん」
「かさぶたくん」 「ジャリおじさん」
「足はなんぼん?」 「コロちゃんのたんじょうび」
「なぞなぞあそびうた」 「あいうえおっとせい」
「ぴよちゃんとひまわり」 「おこだでませんように」
「ずっとそばに・・・」 「ぼくがおおきくなったら」
「やさいのおしゃべり」 「ぼくとかあさん」
「百羽のツル」

村岡先生はレポートを書いてきてくれました。さすが!

【1】模擬授業

① 戸崎先生「What do you want to be?」
昨日の法隆寺でも思いましたが,すごくリズムがよくて,気持ちよく英語で話すことができます。流れもスムーズで気持ちが途切れるところがありません。うーん,すごいなあ。伴ドリームでの検定結果が楽しみです。

② 福原「iPadを使っての地名さがし」
昨日の法隆寺の続きです。昨日,時間オーバーしたことを受けて,作業を区切りました。そして,昨日しなかった別アプリの使用。思ったとおり,みなさんに驚いてもらいました。このアプリを使っての検索内容はもう少し精査する必要があります。この授業はTOSSデー「熱中会場」で行います。ぜひ,みなさん,お越しください。

③ 横田先生「山崎武司」
先月大和で見たときより,各所が工夫されていました。ホームランのグラフが所属チームごとに色分けされていたのはとても見やすく,いい工夫だなと思いました。私は,球場の広さよりも,40近くなってさらにホームランを量産する,振り子の方に重点を置いた方がいいと思いますが,どうでしょうか。

ご参加ありがとうございました。
次回例会は,1月15日(土)です。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド