TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/23 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2230054 更新:2013年10月13日

集団指導の技術は「打つ手」を知ることから


集団指導で500名の子どもたちの前に立つ。子どもたちはざわついている。
そこで、「聞く」態度をつくるために、次のようなことをおこなった。
  
ざわついている子どもたちを無表情でゆっくり見渡す。
一息入れて黙って手を上にあげて5本指を出す。5秒間見せる。
そして、子どもたちに質問する。

○○小の1年生から6年生の全員に質問をします。
今、先生は指を出しました。
何本、指を出しましたか。
わかる人は、黙ってすわりなさい。(文節をくぎった話し方でする。)

文節をくぎった話し方をすることで、子どもたちは静かになっていく。

頃合いを見計らって、座った1人の子どもに指名する。
答えさせて、正解だったら、

すばらしいです。正解です。さすが○○小の子どもです。
よく先生の方を見ていました。

と言って、その子をおおいにほめる。
そして、静かに語りかける。もうこの時は、水を打ったように静かになっている。

すわれた人は立派です。先生をよく見ていました。
立っている人、今度はがんばってください。
次の時にも同じことをします。先生をしっかり見て何本指を出したか見ていなさい。
すわっている人、静かに立ちなさい。

いったん立っていた場所を離れる。
少しして同じ場所にもどって立つ。子どもたちは私を真剣に見つめている。
そして、同じことをする。今度は2本、指を出す。

何本、指を出しましたか?わかった人はすわりなさい。

ほとんど全員がわかってすわる。
そこで、次のように語りかける。

先生がみんなの前に立った時、あなた方の目はすばらしかったです。輝いていました。
先生が、何本、指を出すか集中していたからです。
先生が、この場所に立ったら、今の目で先生を見てください。
そして、先生の話が終わるまで口を閉じて、聞いていなさい。
わかった人は、静かに立ちなさい。

ここまで5分間である。
1回目の始めの5分間にこのように指導することで、2回目・3回目にも作用してくる。
  
この指導をするために考えた「打つ手」とは次の通りである。
①AさせたいならBといえ。
②子どもをほめて動かす。
③子どもに具体的行動を指示し、確認する。 

私も全校児童250人の前で追試を行った。
5分間の指導で、ざわついていた子どもたちがシーンとなり、
その後の集団指導にスムーズに入ることができた。
「ほめて動かす」ことが実感できる実践である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド