TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/22 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4098993 更新:2013年10月13日

卒業式の礼法指導


概要
卒業生にきれいな動きをさせるために有効だった指示。

卒業証書の運び方

受け取った卒業証書を、ピラピラと動かしながら運ぶ子がいる。「もっと大事に持ちなさい」と言ってもあまり効果はない。そこで次の指示が有効である。

指示1:

給食をお盆に乗せて運ぶように持ちなさい。

これで、子どもは証書を水平に揺らさないように持ち、歩き方まで丁寧になる。

卒業証書の置き方

降壇した児童は、証書台に自分の証書を置いてから自席へ戻る。その時、ポイッと投げるように台に置いてしまう子がいる。そこで次の指示が有効である。

指示2:

下の証書にピッタリ重ねて置きなさい。

これで、置く動作がゆっくり、ていねいになる。

1つ1つの動作を「切る」

立ち止まる、(証書をもらう時)手を出す・手を下ろす、横を向くなど、1つ1つの動作が流れてしまい、キチッとできない子がいる。そんな時は、数を数えさせる指導が有効である。

指示3:

心の中でゆっくり数を数えなさい。

つまり、証書を受け取る動作なら、
(1)左手を出す
(2)右手を出す
(3)頭上に掲げる
(4)横に移動する
と細分化し、ゆっくり「1、2、3、4」と数えさせるのである。
「礼」の時に数える指導はどこでもやっていると思われるが、「数を数える」という指示は様々な場面に応用できる。

参考文献
『AさせたいならBと言え』岩下修/明治図書


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド