TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/09/22 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1125297 更新:2013年10月13日

啓林館『数学2年』p102図形の調べ方【合同条件と証明の進め方】


指示1:

P105、問題1。

問題を範読した後、「さんはい」で読ませる。「証明しなさい。」まで。

指示2:

念のため、もう一度。

「長さの等しい~とCD」「ストップ」「青でアンダーライン」
∠ABD=∠CDBも青
∠DAB=∠BCDを赤でアンダーラインをひかせる

指示3:

証明をかきます。ノートを半分におりなさい

「できました」

指示4:

左に4行使って、図をうつしなさい。

記号もきちんと書いているか確認する

発問1:

仮定は何ですか。

「ABとCDの長さが等しい」「∠ABD=∠BCD」

指示5:

その通り。青で書きます。

板書で示す。

発問2:

その下に赤で何を書きますか。

「結論です」「書きなさい」
板書で確認する「このようになった人」

発問3:

図の中で、合同な三角形はどれとどれだと思いますか。
指でなぞってごらんなさい。

指名する  
「△DABと△BCDです」 *板書でも確認

指示6:

赤でなぞります。

発問4:

等しいと言える辺、角に青で印をつけなさい。全部で3組あります。

「ここ(板書で確認)ですね。」

発問5:

三角形の合同条件のうち、どれを使いますか。

「2辺とその間の・・・」

証明をかきます。まず何を書きますか。

「<証明>と書きます」

 《参 考》高橋薫氏:「向山型中学数学教え方事典 第3学年」p126(明治図書)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド