TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/19 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1112180 更新:2013年10月12日

スイミー<第3時>


◎新出漢字のチェック(空書き)

指示1:

全員起立。漢字のチェックをします。空書きで確かめます。

  一斉・列ごと・班ごとなどで筆順ををチェックする。あっていた子はほめて座らせる。間違えていた子にはやり直しをさせ、必ず合格させてほめて座らせる。
(これを徹底的にすれば漢字の定着率が上がる。曖昧にすると定着率はどんどん下がる。)

◎○チェック

指示2:

題の横の○がもうぬってある人?いた!すごい!!

  努力をしている子を力強くほめる。子どもたちの音読に対する意欲がグッとます。

①◇◇くんは、努力をしているから、上手なんだな!
②□□さんは、努力をしているから、絶対に上手になるよ!

  努力をしている子が音読が上手なこの場合①のように、音読が苦手なこの場合②のように力強くほめる。この言葉かけを継続するとみんなどんどん読むようになる。(効果絶大)

◎音読

指示3:

これからみんなでスイミーを読みます。自信がなくても、つっかえてもいいですから、はっきりと読みなさい。

<追い読み>
  教師のあとについて、子どもたちが読む。長い文は区切って読む。
  読み終わったところで、○を1個ぬらせる。

<交代読み>
   1文(。まで)ずつ、教師と子ども全員が交代で読む。

<男女読み>
  1文ずつ、男子全員と女子全員が交代で読む。

<列読み>
  1文ずつ、列ごとに交代で読む。

<1人読み>
  1文ずつ、一人交代で読む。

学級の実態に合わせた方法で読み込んでいく。
上手な子には、「うまい!・声がいい!はっきり聞こえる!」というふうに、力強くほめる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド