TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/21 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2637447 更新:2013年10月12日

保護者との信頼の絆を深める語り(3)


冬休み中、部活・勉強と忙しく過ごしていました。
体調も崩すことなく、風邪も引かずに元気にがんばっていました。また明日からもよろしくお願いします。

「忙しい」と思えることは、生活が充実している証拠です。私自身の生活を振り返っても、暇な時ほど何もしない傾向にあります。時間があるからといって、それを有効に使うわけではありません。多少忙しいと思えるほうが、時間を有効に使うように工夫するものです。「夕食を6時半に食べて、7時からは学校の仕事。8時に風呂に入って、9時からは頼まれていた文集の原稿を書こう」というように、計画的に1日を過ごします。
「勉強に専念したいので、部活をやめます」という人がいます。中学生にとって最も大切が勉強に影響が出るならば、仕方がありません。でも、勉強を理由に部活をやめた人で成績が上がった人はほとんどいません。部活の練習で使っていた時間を勉強ではなく、遊びに使うようでは意味がないのです。私が教員1年目のとき、当時の校長先生に「忙しいことを幸せに思いなさい」と言われました。そんなことを思い出しました。

2学期の成績にかなり精神的なダメージを受けてやる気をなししてしまったようです。勉強する意欲が湧かなかったようで心配です。3学期はがんばってほしいです。家の手伝いはよくしてくれました。ゴミ出し、買い物と働いてくれて助かりました。

私も何度となく、「あんなにがんばったのに、何で成績が上がらないのだろうか?」と思ったものです。努力が報われない無念さほど、やる気を失わせることはありません。でも、嘆き悲しんで何もしなければ、そこから這い上がっていくことはできません。冷静に考えてみると、下がるには下がるなりの理由があるのです。その理由を考えて対策を練り、次のステップに進むことの方が、自分のためになります。
「リセットする」という言葉があります。 今までのことに封印をして、新たな気持ちで次に進むことを意味します。人は節目節目で、気持ちをリセットすることができます。1日の始めとなる朝、週の始めとなる月曜日、月の始めの1日、学期の始めの始業式など、リセットできるチャンスはたくさんあります。「自分にとってプラスになること」に気持ちを切り替えてくれることを望みます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド