TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/08/17 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6928825 更新:2013年10月12日

体験学習の目的を伝える語り


5月31日(金)3~4校時目、別海中央小学校の1・2年生と交流学習を行います。
今週は、生徒たちも楽しみながら準備をしていました。

今年度から、学校の教育制度が大きく変わりました。
その大きな改革の1つが『総合的な学習の時間』の創設です。貴重な授業時間を削ってできたのですから、生徒の成長にプラスになる内容を各学校で準備することになります。

中央中は、年間70時間を『総合的な学習の時間』にあてています。
現代の諸問題に対応する内容として、今までの教科の枠だけでは対応できなくなった福祉・情報・国際理解・性教育・環境について、1年間で35時間学習します。また、もう35時間を使ってボランティアなどの体験学習を実施します。ここでは、単なる体験で終わらせるのではなく、「生き方」を含めた事前指導を行います。また、体験後は学習の成果を自分の言葉で表現する場を設けます。来月18日には、マルチメディア館のホールで体験発表会を予定しています。学級の代表各4名が、体験学習を通して感じたこと、学んだことを発表します。

今回の交流学習は、ボランティア体験学習の一環として取り組みます。
実施のねらいは次の通りです。

(1) 自律性を高め、21世紀を生きる中学生が必要とされる「生きる力」を育むきっかけとする。
(2) 自らが企画した遊びを通して小学1・2年生と交流し、人を思いやる心や感謝の心、奉仕する精神の育成を図る。
(3) 自らの体験を通して学んだ事柄を文章にまとめ、地域に発信していく力を育てる。
(4) 自分が卒業した母校に対し、感謝の気持ちを持つ。

何事も、事前学習が大切です。
「なぜ、その学習を行うのか?」「何を学ぶために学習するのか?」を生徒によく理解してもらわなければ、学習の効果は上がりません。そこで、最初の時間は『自分達が小学校1・2年生の頃』を思い出してもらいました。健康診断表を見せてもらいました。

小学校1年生の頃の身長は、どれぐらいだったのでしょうか?

覚えているようで、覚えていないものです。
同じ部活ということで、大樹君の身長を調べました。
約110cmでした。授業では、実際に大樹君に110cmの高さになってもらいました。膝を曲げて座った高さです。机の高さとそれほど変わりません。たったこれだけで、教室には「へー!」という驚きの声が挙がりました。
小学校に行った際には、是非、1年生の教室へ行って机といすを見てもらいたいと思っています。驚くほど小さな机といすです。あまりにも小さすぎて、座るのが大変です。ちなみに、C組で最も高かったのが貴佳君でした。120cmでした。たった7年間で50cm近く成長したのです。
その事実だけで、家族をはじめ、いろいろとお世話になった方に対する感謝の気持ちがわいてきたことでしょう。

感謝の気持ちを更に深めてもらうために、次のことを分かってもらおうと思いました。

小さかった頃、自分はどう思われていたのだろうか?

小学校にお願いして、PTA文集『氷紋』をお借りしました。
家で読ませていただきましたが、私の方が引き込まれてしまいました。「こんなに愛情いっぱいに育てられた生徒たちは、本当に幸せ者だ!」と思いました。どの文章も、わが子を思う深い愛情に包まれていました。すべてを紹介したいところですが、授業では3つの文章を紹介さえていただきました。まだまだ素晴らしい文章がたくさんあります。お家に『氷紋』がありましたら、是非、家族全員で7年前を思い出しながら、読んでみてください。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド