TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/01/20 現在)

21456
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1841257 更新:2013年10月11日

50時間学習突破! 目標を達成した生徒の努力をたたえる語り


夏休みの学習時間を50時間としました。
中学2年生です。来年度は、多くの生徒が高校受験に挑戦するはずです。高校は義務教育ではありません。入学する意志を持った生徒を、高校側が選ぶことになります。その際に最も重要な選抜基準は学力です。
中学生であれば、それを100も承知です。あとは、教師がその後押しをしてあげることだと思っています。

夏休み前、生徒には次のように話をしました。

 夏休み中の勉強時間は、50時間です。
 最低1日2時間。25日間で50時間が合格ラインです。
 50時間と聞くと、「それぐらい誰だってできる!」と思うかも知れません。しかし、50時間を越えることができるのは学級で3~4人程度です。
 夏休みの生活は、この目標の達成率で点数をつけることができます。50時間勉強できたら100点です。40時間なら80点です。夏休み中の勉強時間×2が、みなさんの夏休みの点数です。

C組は、私の予想をはるかに上回る7人が50時間を突破しました。4人に1人が、50時間を越えたことになります。過去に例がない高い達成率です。
その7人を紹介します。(7人の名前を載せた)

夏休み中は、時間がたっぷりにあります。学校があるときに比べれば、自由になる時間がたくさんあります。ですから、50時間勉強を実現できるかどうかは、自分の気持ちとの闘いになると思うのです。「まぁ、いいや!」という気持ちでは、決して越えることができない数値です。でも、「よし、がんばろう!」と思えば、実現可能な数値です。

昨年は、3年生を担任していました。
夏休み前、生徒には50時間・75時間・100時間の3コースから、自分にあった目標時間を選ばせました。
夏休み後、それぞれ何人がその目標を達成でしたのかを調べてみました。
それが、下の表です。面白い結果になりました。

__________2013-09-07_22.04.03

高い目標を定めた生徒ほど、達成率が高かったです。
100時間を達成できなかった1人も、勉強時間は97時間でした。100点満点中の97点です。これは、立派な点数です。「達成したと同じ!」と言っていいでしょう。
最高は139時間、続いて128時間でした。
当然ながら、2人は2学期に大幅に成績を上げました。前者の生徒は、成績基準を満たして推薦試験で志望校に合格しました。後者の生徒も、4倍の難関を突破して、第1希望の学校に入学を果たしました。

 100時間を突破した生徒が、『夏休みの反省』に書いていました。

 100時間とは、とてつもない数字です。
 夏休みの勉強は強制を受けることはありません。学校と違い、チャイムが鳴ったから勉強するのではありません。先生が教室に来たから机に向かうのでもありません。隣の人ががんばっているから、自分もがんばるのでもありません。いつ勉強を始め、いつやめるのかを決めるのは、自分の心です。
 人間の心は、そう強くはできていません。「今日ぐらいいいだろう」「明日やれば何とかなる」といった気持ちから、自分の気持ちに負けてしまうのが『普通の人』です。

この文章を読んで、何か感じるものがあれば、伸びる力を持っている人です。何も感じないのであれば、これからの伸びは、それほど期待できないでしょう。
中間テストまで1か月を切りました。
夏休みの学習の成果が問われるのが、2学期の中間テストです。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド