TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/22 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320388 更新:2013年10月11日

日没が早くなってきたことを伝える語り・安全指導


 日没時間が早くなる10月は、帰宅時における安全指導がかかせません。説教には耳を貸さない中学生も、語りには素直に耳を傾けます。

日没が急に早くなったように思います。
5時を過ぎれば、外は真っ暗です。この頃はちょうど薄暮の時間で、車を運転する人にとっては最も物が見にくい時間帯です。私も普段よりもスピードをダウンして、慎重に運転しています。

昨日、この時間、ホクレンスタンド前の交差点に止まっていました。横断歩道を、高校生の乗った自転車2台が左右を確認せずに、かなりのスピードで飛び出していきました。「危ない!」と思った瞬間、軽トラックが急ブレーキで止まりました。
高校生2人は何事もなかったように通り過ぎていきましたが、とても危ない場面でした。

無灯火、しかも、左右を確認せずに急な飛び出し。これでも事故が起きてしまえば、「前方不注意」ということで運転手の責任になってしまいます。何度も言っていますが、自転車乗車時はライトをつけ、左右をよく確認して乗りましょう。
部活動の帰宅時、「自転車3~4台が横に並んで走っていて、大変危険です。」という電話を地域の方からいただくことがあります。事故は起きてからでは遅いのです。

学校祭が近づいてきましたが、学習に集中した学級にしていきたいと思っています。
中間テストの結果も出て、それぞれの心に新たな目標ができたはずです。「次のテストでは、この教科に力を入れよう」「あの教科は伸ばしたい」と、返ってきた答案用紙や得点通知票を見ながらそれぞれが思ったはずです。その気持ちを忘れずに、1時間1時間の授業を受けて欲しいのです。

先週の学級日誌には「私語が多かった」「授業中に注意されました」という残念な言葉が毎日のようにありました。休みが続き、なかなか学校のリズムに体がなじめないのは分かります。
でも、もう中学2年生です。もう1度、自分の目標を確認して、12月に行われる期末テストに備えてください。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド