TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/26 現在)

21414
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2310133 更新:2013年10月10日

中3生への2学期最初のスピーチ


1.今学期も、3年2組は、「HERO」でいきましょう。
"Hot"" Excited""Right"" O.K. "です。
「熱く」「わくわくする」「自分にとって正しい」
そして「大丈夫」な毎日を過ごしましょう。

2.この夏ぼくは素敵なヒーローと出会いました。
アンパンマンです。まさに"Hot"" Excited""Right"" O.K. "なヒーローです。

3.アンパンマンと聞いて何を連想しますか。

4.アンパンマンにはこれだけのキャラクターが登場する
んですよね。その数およそ1700。君たちが人生で出会う人と同じく、いろいろなキャラクターが登場します。

5.さて、アンパンマンは自分の顔を人に食べさせることがあります。
どうしてだか知っていますか。作者のやなせたかしさんは、著書の中でこう言っています。

6.「顔をあげるというアンパンマンの行為には、アンパンマンストーリーの基本的メッセージ(”正義を行う時は、自分も傷つくことを覚悟しなければならない”)が表れている。」

7.違う本ではこうも言っています。
「正義は自分が傷つくことなしにはおこなえないの
だからアンパンマンはたえず傷付く。武器はもたない。」

8.またあるテレビ番組ではこうも言っていました。
「アンパンマンが自分の顔を弱っている人に差し出すことで私は子どもたちにメッセージを伝えたかったのです。人のために何かをするという素敵な行為は、時に自分に傷みをともなうこともあるのだよ。」

9.2学期、ぼくは君たちにアンパンマン精神を忘れないで欲しいと思っています。 自分のための正しい行動が、友達のためにと思っての思いやりの行動が、自分にとって傷みをともなうことであるかもしれない。でも、それは間違いなくみなさんの人格を刻むためのものなのです。人間にとって必要なことであると思うのです。

10.2学期、アンパンマンのような「HERO」になりましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド