TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/12/19 現在)

21575
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1150325 更新:2013年10月10日

「英語の歌」指導の10のパーツ


1  スモールステップを意識して,「英語の歌」の指導パーツを考える

ポップスなどの「英語の歌」の指導では、まずは歌詞が音読できること,次にメロディーをつかむことがくる。
その次に,英語の歌詞で歌えるようにすることがくる。
これを意識してスモールステップを考える必要がある。その際,歌に合わせてこれらのパーツが使える。

① 歌詞カードを見ながら歌を聴く
② 歌詞カードを見ながらメロディに合わせてハミングをする
③ 歌詞カードを見ずにメロディに合わせてハミングをする
④ 歌詞カードを見ながら「ちゃんちゃん」「ぱんぱん」などの言葉で歌ってみる
⑤ 歌詞を読む練習をする
⑥ (小さい声で)CDに合わせて歌ってみる
⑦ 英語らしく歌うところを知る(音の連結・発音しない音など)
⑧ だんだんに声を出して歌う練習をする
⑨ 歌詞の内容に合わせた歌い方を工夫する
⑩ 歌詞の意味を知る  

2  小学校の先生の「英語の歌」の指導に学ぶ

小学校の先生の英語版「きらきら星」の指導を見た。リズムとテンポがすばらしかった。
「変化のある繰り返し」を使って楽しい指導をされていた。
子どもはメロディーを知っている。歌詞の英語もそれほど難しくない。(歌詞カードにはカタカナでふりがなも書いてある)
参観しながら,そういう歌の指導はこう行うとよいと教えられた。

① CDを聞かせる
② 発音の練習をする
③ 小節ごとに繰り返し練習する。
④ 通して歌う
⑤ テンポに変化をつけて歌う
⑥ グループごとに歌う

自分の指導では,一斉に歌う,ペアで練習するというパターンが多い。
特に,「テンポに変化をつける」「グループごとで歌う」などの指導場面ではハッとさせられた。

指示1:

「先生がハイって言って合図を出します。合図をもらったグループ(列)だけで歌う練習をしてみましょう。はじめは全員でいきますよ。」
(全員で)"twinkle, twinkle, little star"
(「ハイ」で合図をおくられたグループだけが)"How I wonder what you are!" 


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド