TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/20 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8233653 更新:2013年10月10日

 変声期の男子 「あと○cm!」の指示で音程が上がる 「With You Smile」の場合  


中学1年生のクラス。
いつも全校で一番くらい大きい声で歌ってくれるTくんは、大きい声は出せるけど、音が違ってしまうのを気にしている。
「With You Smile」の出だし。男子の音が濁っている。
何回か歌っている間に、Tくんのキーが違うことが分かった。
別な所を歌っている時は、出だしの音と同じ音も出せるのも分かった。
変声期に特有の、自分の声の出し方に慣れていない状態のようだ。

指示1:

男声、「青い~」だけ。どうぞ!

指示2:

Hさん、Yさん、座りましょう。

かなりの冒険だったが、音が合っている生徒から座って貰った。
まかり間違うと、残された生徒は、むくれてしまう。
この時は、絶対うまく歌わせる自信があった。
Tくんは、5度くらい低い音で歌っていた。

指示3:

Tさん、あと5cm高く!

Tくんは、ちょっと「え~」という顔をしたが、やってくれた。3度ほど上がった。よっしゃ!だ。

指示4:

すごい!近づいた!あと2cm!

Tくん、またもや、え~という顔をしたが、これでまた、2度ほどあがった。あと少しだ!

指示5:

やった!あと1cm!

Tくん、今度は「え~!」と声に出した。やばいかな?と思ったが、やってくれた。そして、見事はまった!
「すご~い!Tさん、よくできたね!それでいいんだよ!」
「まだ自分の声に慣れなくて大変かもしれないけど、こうやって歌っているとだんだん慣れてくるからね。」


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド