TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/26 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1243066 更新:2013年10月09日

酒井式で描く「窓辺の花」


①夏休みに自分で描いてみた。実は、酒井先生の講座以外に最初から描いてみたことはなかった。
実際に描いてみるといろいろなことがわかる。
例えば、サインペンで描いて彩色すると黒い色がにじんだりする。
しかし、完成すると、それもまた自然ないい味を出すということがわかった。
また、最初の葉っぱを一枚描く時に、「ちゃんとした絵になるのかなあ?」と不安な気持ちになること。
酒井先生は、講座で必ずおっしゃられます。
「教師が自分で描いて見なさい」と。

②描いた絵を見せて「絶対にうまく描けるよ」と語った。
絵を見せた時、子供たちは、「すげ~、うまい」「わー、あんなにうまく描けないよ」の声。
「ていねいに続けてやれば、必ず上手に描けます。」などと語った。

③植木ばちのふちから描き始める。

指示1:

植木ばちのふちから描き始めます。葉っぱの裏や葉脈も描きます。真中に描いてはいけません。どちらかに寄せて描きます。カタツムリの線がスタートします。ヨーイ、スタート。

なかなかスタートしない子もいるので、一枚描けた子に「ていねいに描けています」「すごいねー、よく見てるね」「うまい!」などと声をかけて回った。

それを聞いて他の子も描き始めていった。
「葉っぱを一枚描けたらもってらっしゃい」という指示をだしたほうが良かったかなと考えた。

④花びらを描く。

指示2:

花びらを描きます。横向いている花、つぼみ、重なって咲いている花をいれて描きます。方向や高さも変えます。(黒板に例を描く)

⑤葉を付け加えさせる。

指示3:

葉っぱを5枚付け加えなさい。ただし、そのうちの2枚は重なって見えるように描きなさい。

⑥植木ばちを描かせる。

指示4:

教室にある植木ばちのどれでも良いから、選んで描きなさい。

⑦花を彩色する。

花に色を塗ります。赤っぽい花にしたい人は、赤にちょっと青か黄色を混ぜて塗って御覧なさい。紫色の花がありますが、赤くしてもいいのですよ。線がみんなしっかり描けています。絶対にその線を塗らないようにしなさい。

「絶対に線を塗らない」は酒井式描画指導法の中でとても重要なことだと野崎氏は言う。

⑧葉を彩色する。

指示5:

パレットの大きい部屋に緑をだぶだぶに作りなさい。黄色か青を少し混ぜて500円玉位の大きさで色を作りなさい。絶対に線を踏まないように塗りなさい。

⑨窓わくを描く。

指示6:

窓わくを描きます。必ず斜めに描きます。どちらを斜めにするかは自分で決めなさい。生き生きとした絵になります。窓のかぎも描くといいですよ。レールももちろん描きます。

⑩家を一軒だけ描く。

指示7:

一番手前の窓枠に近い所にある家を一軒だけ描きます。これも斜めに見えるように描きます。よーく見て細かい所まで描きます。  (黒板と画用紙に実際に描いてみせる)

⑪となりに家を描いていく。

指示8:

さっき描いた家のとなりに家をどんどん描いていきます。重なって見えるように描きます。

子どもから「電柱描いていいですか」「モスバーガー描いていいですか」などの質問が出る。
もちろん、 「いいですよ、すばらしい」 と答えた。

⑫二段目の家並みを描く。

指示9:

手前の列の家の向こう側にある家を描いていきます。重ねて描きます。遠くにあるのですから手前の家より小さく描きます。

※この日は授業参観だったため、  「鉛筆と絵をもっていって、裏に感想とサインを2人の人に書いてもらって来なさい。」と指示した。
参観の保護者の方々は、うれしそうに感想を書いてほめてくれた。

⑬家を彩色する。

指示10:

家を塗ります。主役は花ですから、反対色の緑系の色を塗ると良いでしょう。大きい部屋に緑色をだぶだぶにといて、パレットを先生に見せにいらっしゃい。

この後、2色の混色で色を作らせ、合格した子から塗らせた。

⑭窓枠、たなを彩色する。

指示11:

窓枠、たなに色を塗ります。家の色と少し混ぜ方を変えてうすーく塗って御覧なさい。

⑮空を塗る。

指示12:

空を塗ります。同じく緑に混色して色を作ります。塗り方は、 1 にじみを使う。  2 タッチを変える。(縦、横、斜め、うずまき)の中から自分で選びなさい。

と言ってから「にじみ技法」を黒板の画用紙にやって見せた。
タッチについては4種類を混ぜて使っても良いことを説明した。
子どもたちのほとんどは「にじみ技法」を選んだ。

指示13:

色の濃さは、ほとんど水でいいです。画用紙がすけて見えるぐらいにしなさい。水入れの色ぐらいでもいいです。

と追加の指示を出した。

☆保護者会の後に 「小筆ってどのくらいの大きさですか。見せて 下さい。」と何人かの保護者が質問に来られた。
酒井氏は面相筆が必要ということを言われていました。
3本の面相筆を利用して酒井式三刀流を名づけておられます。
保護者の方に聞いたら、 「1年生の時に買ったのを使っています。」とのこと。
うかつでした。
一学期のうちに点検しておけば良かった。

保護者の皆さんは、自分の子供たちが一生懸命に、しかも上手に描けているのを見て真剣に用具をそろえてあげようと考えたようです。

 指導時間:8時間   2000年9月指導


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド