TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/04/24 現在)

21395
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3179025 更新:2013年10月09日

木村重夫が斬る!「同時進行の祭ばやし」(18)


【向山型算数に挑戦・・・木村氏】

数ヵ月後の「向山型算数に挑戦」に挑戦した。
6年「合計の重さは何kgかな?」
木村氏の解
1 犬、ねこ、ねずみが歩いて体重計にのろうとしています。
2 その下、犬、ねこがのって「12kgだ。」といっています。
3 その右側、犬とねずみがのって「9.2kgです。」と言ってます。
4 一番下の左。ねことねずみがのって「4.4kg」だ。
5 右側。犬と猫とねずみがのったらはりがポロリと落ちてしまいました。
6 犬とねことねずみの体重の合計の重さを求めます。
7 ノートに「式 犬+ねこ+ねずみ」と書きなさい。
8 1行空けて、「犬+ねこ=12」と書きます。
  ただし、上の「犬」と「ねこ」に縦をそろえてかきます。
9 「犬+ねずみ=9.2」をかきます。
  同じように「犬」と「犬」、「ねずみ」と「ねずみ」もそろえてかきます。
10 「ねこ+ねずみ=4.4」も同じように書きます。
11 今、書いた3つの式の左側をたすと「犬」が2、「ねこ」も2、「ねずみ」も
  2です。
12 2×(犬+ねこ+ねずみ)となりますね。下にかきなさい。
13 右側の数字もたてに足します。筆算を書いて計算しなさい。
14 それでは、一番はじめに書いた「式 犬+ねこ+ねずみ」を求める式を書きなさ
い。
15 25.6÷2ですね。計算しなさい。
※アイデアは同じだが、「授業する」となると腕の差がでる。
 (1)問題のイメージ作り。
 (2)子供にわかる作業指示。
 (3)ズバリ何を勉強するか。
 これらのことが我々と違う。

【多様な考えをださせる・・・石間戸氏】

2年「くふうして数を求めよう」
かけ算九九後の応用。「はこの中のチョコレートの数」を
求める問題。
1 これこそ「いろんな考え」を出させるべきだ。
2 いろいろな囲み方がでていい。
3 どれも「かけ算九九」でできる。
4 ねこの1の問題。
  同心円で囲ってもできる。
  あっと思った。
5 教師は何通りも予想してかいてみるべきだ。
6 教師の予想以上の子もでてくる。

【たてに突き進め!・・・渡辺氏】

渡辺氏、初心者講座模擬授業予定のところ。
1年「20より おおきい かず」
1 ブロックのところを授業しているあたりで
  介入。
2 何か説明してると思わない?
  (思います。・・・渡辺氏)
3 じゃんけん(絵)はあつかわない。
4 右側「なおこ」を先に扱う。
  簡単だからだ。  
 (左26 右30)
5 なおこさん、ようく見るとすき間が
  あいているでしょう。
6 1つのかたまりをマルで囲んでごらん。
7 マルの中にいくつありますか?
  数えてご覧なさい。(10)
8 他も同じようにやりなさい。
9 10が3こで30です。はい!「10が・・・」
10 次のページ。一番上の右側。
  今、やったことが書いてあります。
11 10が3こで30です。
12 その下。ブロックの所。10が3こで30です。
13 一番下も、10が3こで30です。
14 一同、納得の介入だ。
  ページの右側がずーっとつながっているのだ。
15 「教科書の構造を見抜く」
  改めて自分は見抜けていないとわかった。

【だれか一人の考えを扱え・・・平岡氏】

5年「三角形の面積の求め方」
1 ここは、どう授業しますか?
2 いきなりの演習だ。
3 西山は、例のごとく、くどくどと
  説明しながら向山先生の実践を思い出しながら
  挑戦した。
4 ○と○、□と□をかかせて、「一目でわかる」
  ようにさせたかった。
5 アイデアはよいのだが、やはり「腕」が無い。
  作業指示がうまく伝わらない。
6 平岡氏は「論文審査」を持参。(常に持ってきている。)
7 向山先生の解は。
  「1人の考えを扱え!」だ。
8 平岡氏は、ゆうじさんの考えだけを扱った。
9 「論文審査」を持参し、「指で隠す」指示を使った。
  これだけでも、70点以上はあげられると感じた。

【1目盛りで乗り越えさせる・・・逸見氏】

3年「大きな数」
木村氏が授業し終わった直後の所に挑戦。
果敢である。
1 14000と書きます。
2 さくらんぼにわけます。
  下に10000と書きます。
  ○で囲みます。
3 その下、4000と書き同じように
  ○で囲みます。
4 さくらんぼの枝を上からこのように
  書きます。
5 逸見氏、作業指示うまい。
  すーっと書ける。
木村氏実践
6 □1。10000は1000を何個集めた数
  ですか。(10こです。←ほとんどの子わかる。)
7 14000は1000を何個集めた数ですか
  (14個です。←全員がわからくてもよい。線で
   わからせれば良いのだ。)
8 14000と書きなさい。
9 その下にそろえて1000と書きなさい。
  右をそろえるんですよ。
10 一万と千の位の間に線をひきます。
  14|000
   1|000
11 「0」3つを指で隠しなさい。
12 14は1が何個ですか。
13 指をとって、14000は1000が何個ですか。
14 □4。数直線問題。
  いちばん小さい1めもりに印をつけてもっていらっしゃい。
15 シンプル、わかりやすい、説明していない、指示である。
16 1めもりがわかれば他はできる。
17 その通り!

【引き算には抜群の威力・・・茂木氏】

子供用百だまそろばんはすごい!
1 引き算はシンプルかつ構造的に一目見てわかる。
2 先生といっしょにやります。
3 13-9の計算。はい!
4 一、二、三、・・・十三、引く九。
  (玉をいれる)
5 3から9は引けない。はい!
6 10から9を引いて1。はい!
7 1と3で4。答え4です。
8 ほんとにすごい!
  芸術的なシンプルさである。
9 木村氏より
  「はじめての子供用百玉そろばんの授業
   実践はまだ誰もやっていないのでぜひ
   研究してほしい。」
  と指示があった。
10 となりで、祭ばやしのライブを記録しようと
  メモをしている茂木氏の姿が印象的だった。  

【濃密な時間・・・高田氏】

算数セミナーで声をかけた高田氏が
深谷市(勤務先は熊谷)より参加した。
感想
「濃密な時間で、こんな時間だと思いませんでした。
 この次は教科書コピーを持ってきます。」
と頼もしい。
春川先生と同じですね。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド