TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/03/27 現在)

21381
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2745784 更新:2013年10月09日

「そうごう通信」30号


 そうごう通信も,今年度最終号になりました。今までお読みくださった先生方,大変ありがとうございました。書くことによって,ずいぶん学ばせていただきました。
 あと1週間でいよいよ新年度,総合的な学習の時間の本格実施です。様々な情報が乱れ飛んで知る中,自分たちがなすべきことは,「子供の事実に目を向けて」基礎学力を定着させ,総合的な学習を進めていくことです。

本を読みましょう

 春休みもほとんど会議などで,たくさん時間があるわけではありませんが,それでも子供たちが来ている通常よりは心に余裕があります。こんなときこそ,本を読みましょう。そしてたくさんの情報を得ましょう。
 毎月とっている教育雑誌なども,たまっていたら今のうちに読んでおきましょう。(自分に言っています)

おもしろいな,と思った本の紹介
○ゆとり教育亡国論    大森不二雄   PHP研究所  1300円
○自分の脳を自分で育てる 川島隆太    くもん出版  1200円
○国民の教育       渡部昇一    産経新聞社  1800円

 大森不二雄氏は,現役文部官僚で,「学校は勉強するところだ」と言い切って様々な方法で学力向上を目指す教育改革試案を私たちに投げかけています。とても問題提起のあるおもしろい本でした。
 川島隆太氏は,東北大学医学部教授で,脳のどの部分にどのような機能があるのかを調べるブレインイメージング研究の日本における第1人者です。講演会でお話を聞いたことがありますが,説明がとてもわかりやすいです。本は,小学生でも読めるように振り仮名もふってありますし,字も大きいので,すぐに読めておもしろいです。
 渡部昇一氏は,上智大学名誉教授です。本は厚さ4.5cmもあり(ハードカバーを含む)ちょっとびっくりですが,読み出すと結構おもしろくてあっという間に読んでしまいます。
 
 1年間私の雑感に付き合っていただきましてありがとうございました。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド