TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/09/22 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8089343 更新:2013年10月09日

酒井式 「白い馬と白い花」


準備 サインペン クレヨン 水彩絵の具セット一式 白画用紙 約32cm×46cmに切ったもの

2010年1月北海道札幌市で行われた酒井塾の講座メモをもとに制作しました。

1 導入 見本作品を見せてお話をする。

このシナリオは酒井先生のオリジナルの物語から始まる。大筋、以下のような話なので、これを自分なりにアレンジして「語る」。

説明1:

1 2頭の兄弟の馬があった。
2 お母さんが病気になって薬草を取りに行かなければならなくなった。
3 その薬草は、恐ろしい砂漠の向こうに生えている。
4 兄弟が出発するときに母馬から種がたくさん入った袋をもらう。なにかあったら植えるようにと。
5 兄弟は急いだが、ついに夜になってしまう。空も周りも暗黒の世界。どこに向かえばいいのかわからない。
6 ここで袋の種を砂漠にまいた。すると一面に光り輝く白い花が咲いた。
7 さらに空の色が赤→緑→青に変化していった。
8 空に月が光り、すっかり明るくなった。兄弟は安心して薬草を採って走って帰った。

見本作品を見せる。

2 白い花をクレヨンでかく(1時間)

まず紙をたてにするか、横にするかを決めさせる。

指示1:

白い花をクレヨンでかきます。クレヨンの色は黒はだめです。茶色のようなくらい色もやめましょう。その他明るい色を1色選んでごらんなさい。

選んだ色を教師がチェックする。百円ショップのクレヨンは質が悪くて使えないので教師のものを貸し出す。

指示2:

花のかきかたは、こんな感じでかきます。

__________2013-10-06_20.37.05

黒板に花のかき方を例示する。酒井先生は講座で図のような3種類の花を例示された。

基本の形、花びらの大小をかえた形、そして花びらの細さを変えた形である。
さらに桜やバラのような先のとがった形も紹介する。

ここからは教師のもとに子どもたちを集めて例示する。

指示3:

花はあまり太く線をかかないほうがいいです。細い線でかきます。
そのために、クレヨンはカドを使います。カドがなければ折るのです。さらにクレヨンのおしりを持つと細くかきやすいです。
花は下のほうにかくのですよ。

説明しながら、まず1つ2つ花をかいてみせる。講座のビデオを見返すと、ここでも酒井先生は「細くかく」ことを強調されている。私はこの注意が足りなかったために、かなり太い子ができてしまった。
花は20個くらいかくこと。

__________2013-10-06_20.37.59

花をかくのに夢中になってしまうと、空が少なくなったり、花畑の地平線が水平になる恐れがある。
それをふせぐために、先に鉛筆で「ここまで花だよ」という線を「ごく薄く」かいておくとよい。(上の写真参照)

花びらが重なった場合はどうするか、紙の外にはみ出した場合はどうするかをやってみせる。

__________2013-10-06_20.38.37

花の中は好きな色でぬり、綿棒でのばす。

__________2013-10-06_20.39.02

花びらの細い模様のかき方を2パターン教える。ここでも線の細さを強調する。

__________2013-10-06_20.39.25

指示4:

とにかく線を細くかきなさい。

机間巡視しながら、花が多くて過密すぎると、せっかくの白い花の白が目立たなくなるので注意する。

3 馬の兄弟をクレヨンでかく(1時間)

馬の兄弟をかく。
酒井先生は講座で、体のパーツを板書してはそれをかくように指導された。
ただ、私のクラスの4年生の実態から、いきなり絵にかきこませるのは不安だった。別の紙で一度練習させることにした。

まず、兄の馬からかかせる。兄だから大きめにかく。斜めに長丸をかかせる。これが胴体である。

__________2013-10-06_20.40.36

さらに頭をかかせる。この時に向きをかえるとおもしろいことを伝える。馬の首でつなぐ。馬の首は長くしなやかにつなぐ。

__________2013-10-06_20.40.42

次に足であるが、棒にならないようにする。  
ここが一番難しい。コツとしては丸い関節を2つかく。黒板に数パターンかいてからかかせた。悪戦苦闘している子がいたので、練習してよかったと思う

__________2013-10-06_20.41.14

子どもたちの中には小さくなってしまう子が必ずいる。この場合は「よしとする」
講座で酒井先生の言われたように「弟だったことにしようよ」というと、安心してにっこりした。
弟は逆に小さめにかくのである。
馬の色は講座では「黒・暗い色はダメ」で「黄土色・朽ち葉色・ピンク・茶色・うす紫・黄緑、水色、オレンジ・青・水色・紫・グリーン」
と最初におっしゃっていた。)
黄色でかいた子がいた。実際に黄色で自分がかいていないので、躊躇したが許可したのが次の絵である。完成すると非常に美しい。

__________2013-10-06_20.41.37

馬の目は青、耳は赤や朱色が美しいと指定する。たてがみやしっぽを忘れずにかかせる。
馬ができたら第2時修了である。
図工はなるべく1日1時間にしている。2時間だと集中力が持続しない子もいる。

4 月と空のグラデーションをぬる(2~3時間)

月をかく。まず、月をかきたい部分に指を置かせる。グラデーションでまわりに円をかくように塗っていくのであまり、端や下すぎないようにアドバイスする。
場所が決まったら黄色いクレヨンで月をかく。形は半月でもよい。
できたら、綿棒でグリグリと色をのばす。
山の稜線をかく。

__________2013-10-06_20.42.12

グラデーションは実際に教師が子どもを集めてやってみせなければならない。
下の絵は私が子どもにやって見せたたものである。

__________2013-10-06_20.42.48

見本作品を参考にしながら、自分は赤・青・緑の何色の空にするかを決めさせる。

【青い空の場合】
①黄色の月の周りに黄緑で1つ輪をかく
②その外側にグリーンで1つ輪を描く
③青でその外側の輪をかく
④青に黒をちょっとだけいれて輪をかく
⑤その後は外に行くにつれて黒を増していく。端はほとんど黒に近くても良い。

__________2013-10-06_20.43.13

【緑色の空の場合】
①黄色の月の周りに黄緑で1つ輪をかく
②その外側にグリーンで1つ輪を描く
③グリーンに少しずつ黒を入れていく。

__________2013-10-06_20.43.56

【赤い空】
① 朱色と黄色を混ぜて1本外側に輪をか 
  く
② 暗くするために赤を入れて1~2こ輪を外側にかく。
③ だんだん赤を強くするために青を入れていく。最初はちょびっと。
④だんだん青をいっぱいにする。青にする一歩手前まで。

__________2013-10-06_20.44.20

ビデオを見直すと黒を入れていないが、私は良くわかっていなかったので、最後の方は黒を入れさせた。
グラデーションは2時間くらいかかる。

5 茎 葉をクレヨンでかく 山と地面を塗る(2時間)

山の中を塗る。ここは空と違う色にする。青い空に青はいけない。赤っぽい紫やグリーンなどにする。

斜めに何本か川のような線をクレヨンでかき、中をそれぞれ色を代えて塗る。黒を入れて濃い色で塗るのがコツ。
この色を塗る前に、花に茎や葉をいれさせるとよい。

案外子どもたちは水で薄い色を塗るので期間巡視して監視した。明るくなった場合は、黒を入れて馬の周りだけでも暗くする。

__________2013-10-06_20.44.53

茎や葉はぬっても色をはじくのでべんりで、実際ここに来て作業は早かった。クレヨンの効果である。

__________2013-10-06_20.45.25

完成した絵は、廊下に貼り出した保護者が「すごーい!」と叫び声をあげていた。

__________2013-10-06_20.45.47

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド