TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/08/17 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1115268 更新:2013年10月09日

「わたしたちの学校生活」1時間目


・この単元の目的,見通しなどを児童に立てさせるために最初に全て読ませる。

指示1:

教科書104ページ,追い読みします。五,体験したことをわかりやすく伝えよう,はい。 

・以下1ページか2ページ単位で追い読みを切って一人読みをさせ,最後(115ページ)まで読む。

説明1:

この単元では,伝えたいことを決めて作文に書き,スピーチ原稿などに直してスピーチ練習をし,相手を決めてスピーチします。

・この単元で何を学習するのか確認する。

指示2:

今日は,何を伝えるかと誰に伝えるかを決めます。
まず,5年生になってどんな体験をしたのか,思い出してノートに箇条書きにします。
箇条書きですから番号をつけます。できるだけたくさん思い出した方が選ぶことが出来るので決めやすいです。
5年生ですから,5個以上書きます。時間は5分。 

・机間巡視して,書けている子を誉めていく。
・何も書けない子には「自然教室で何が楽しかった?」などと聞いて思い出させるようにする。

指示3:

グループで思い出したことを話し合います。ノートを見ながら一人ずつ発表していってください。
お友達の発表を聞いて,思い出したことがあれば,ノートに書き足して構いません。
では,机を話し合いの形にして始めましょう。時間は5分です。 

・話し合いに参加しているか机間巡視して確認する。
・必ずグループの中で発表するようにさせる。

指示4:

今度は自分で何を伝えるか,決めてください。いろいろな体験をノートに書いていると思いますが,一つに絞って決めます。
お友達と相談する必要はありません。決まったら,その番号に赤鉛筆で丸をします。時間は3分です。 

・なかなか決めにくいようであれば,この後の「誰に」を決めた後に「何を」を決めるようにさせる。

指示5:

では,最後に,誰に自分の体験を伝えたいのか,決めてください。例えば,4年生とか,おうちの人とかです。
さっき,何を伝えたいか決められなかった人も今決めます。 

・決まった児童何人かを指名して,「何を」「誰に」伝えるのか発表させる。その間に決められない子も決める。

指示6:

次の時間は伝えたいことをカードに書き出していきます。作文を書くための資料があれば持ってきなさい。 


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド