TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/06/23 現在)

21504
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1118001 更新:2013年10月09日

「そこまでとべたら」1時間目


指示1:

教科書20ページを開きなさい。開いたら「開きました」と言いなさい。

教科書を出している生徒をほめるために指示しています。10人ほど「開きました」と言ったら次へ進んで下さい。

発問1:

題名は何ですか。(そこまでとべたら)

発問2:

作者名は何ですか。(安藤みきえ)

まだ教科書を開けない生徒への時間調整です。
それでもモタモタする生徒がいたら、p20~p21,1行目までを斉読させて下さい。ここまでやればそろいます。

指示2:

音読練習用の○を書きます。題名の左側に○を10個書きなさい。 

指示3:

これから朗読テープを流します。漢字の読みでメモしておく必要のある言葉にはルビをふっていきなさい。

朗読テープを聴くことも音読練習の1回分に数えます。聞き終わったら、○を赤ペンや赤鉛筆でぬらせて下さい。

指示4:

全員起立。音読練習をします。窓側に向かって1回、廊下側に向かって1回読んだら座りなさい。
もちろん、1回読むごとに○ を赤く塗ります。では、「早い音読」で読みます。用意、はじめ。

全員1回は音読させる指示です。全員が1回目を読み、2回目を読んで座る生徒が3人ほどでたら、中断して下さい。
◇1回目の読みで一番早い生徒 :3分40秒前後  ◇一番遅い生徒  :7分前後 

指示5:

これから5分後に、一文読みをします。上手にすらすら読めるように5分間の中で練習しなさい。5分後にやります。どうぞ。

指示6:

○○さんとその後ろの2人は起立。一文読みをします。○○さんからやります。
先生が題と作者名を読んだら、読み始めて下さい。

読み始めの生徒は、列の最初の生徒ですが、列の最初の生徒を集めて「公開ジャンケン」をして決めると楽しいです。
加えて、こういう時の決定は「勝った人がやる」とすると、学習が前向きになります。
読んでいく流れ、順番は教師が指示します。

指示7:

○○さんは、読み終わったら座ります。そうしたら、次の人が静かに立って読む準備をします。練習してみましょう。

ワンポイントの朗読指導です。2回練習させます。
1回目は「すごい、運動神経がいいね。このように一人の人が読んでいるようにやるのです」と生徒をほめます。
2回目は、「念のためあと5人やります。」と言って、声が聞こえることを発音が明瞭だという点で生徒をほめます。
「口をはっきり動かして発音する人は朗読が上手になります」

指示8:

では一文読みを始めます。(教師は題と作者名を読む)

「一人の人が読んでいるように」がポイントです。また、適宜読み誤りを訂正して下さい。

説明1:

上手でしたね。一人の人が読んでいるみたいにできましたね。
感心しました。拍手しましょう。(拍手)恐らく中学生になって、このクラスでやる初めての共同作業でしょうね。
とっても上手でした。

指示9:

○をもう一つ塗りなさい。次の授業までに、家で1回以上音読してきなさい。

ここまでで、45分前後になります。この実践の日は45分授業でしたので、これで終えました。

指示10:

今日の授業の感想を書きなさい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド