TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/09/20 現在)

21500
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1115038 更新:2013年10月08日

五月の初め、日曜日の朝の授業


指示1:

「あかねこ漢字スキル」を開きましょう。最初の3文字を勉強します。

☆ 初めて「あかねこ漢字スキル」を使ったので、最初に「シールがついててかわいいね。今までのドリルとちょっと違うね。テスト問題もついていますね。」などと言って盛り上げた。
 ・ やる気になった。 ・ 100点がとれそう。

指示2:

<久>のところに書いてあることを全部読みます。

・ 訓ひさしい,音キュウ。友達になって久しい。永久。はらいぼう。3画。つき出さない。
 ☆ 部首も画数も注意も全部読ませた。

指示3:

①の部分の書き順を見ながら,指で机に書いていきます。
<ゆび書き>と言います。「いち,にーい,さん」と画数を言いながら,3回以上書きましょう。

・ いち,にーい,さん。いち,にーい,さん。・・・

指示4:

えんぴつを持って,②の<なぞり書き>をしてから③の<うつし書き>をします。
はやく書けた人は,目を閉じて指で書いていましょう。

机間巡視しながら,「ていねいな字だね。」「うまいね。」「もうできちゃったの。」「目を閉じても書けるかな?」など,声をかけていく。(あまり時間をとらない。) 

指示5:

全員起立。指を出して,先生に向かって書きましょう。声も出すんですよ。さん,はい。

・ いち,にーい,さん。
「すばらしい。すぐに覚えてしまいましたね。すわって。では,次の<永>にいきます。」
 <永><夢>も同様に行う。
☆ 最後に指で書く時,「2本指で」「3本指で」「左手で」など,いろいろ変えるとおもしろい。
☆ 書いていない子がいたら,「惜しい。書いていない子がいたので,90点です。もう一度やりましょう。」などと言うと,全員書くようになる。

指示6:

まず,先生が読んでいきます。えんぴつを持って,読めない漢字によみがなをつけていきましょう。

範読は,約11分かかった。

指示7:

となりの子と,「。」で交代しながら読んでいきましょう。ジャンケンで勝った人から始めます。では,どうぞ。

・ 数分間読む。

指示8:

題名の横のあいているところに,丸を10個書きなさい。家でも学校でもいいから,一回読んだら丸を一つぬります。
本読みがうまくなりますね。さっそく今日から始めてもいいですよ。

☆ 声を出すのかと質問があったので,小さい声でいいから声を出して読むこと,だれかに聞いてもらえるといちばんいいことを伝えた。翌日「金魚に聞いてもらった。」「3回読んだよ。」などという声が聞かれた。なんと,録音してきた子まで現れた。

指示9:

よく意味がわからないなと思う言葉をノートに書き出して,国語辞典で調べましょう。 

ノートには,教科書の何ページかを書くこと,一行ずつあけることを指示した。
 ☆ 国語辞典がまだうまくつかえない子がいるかもしれない。私のクラスには外国から転校してきた子が2人いる。国語辞典の使い方を教えた後,一つ言葉を書き「調べてごらん。」と言って調べさせた。また,教科書に漢字のよみがなが書けていなかったところがあったので,全部よみがなをつけていった。
 ☆ 時間が足りない時は,「朝自習の時に調べよう。」などと,指示しておく。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド