TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/20 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3687798 更新:2012年12月09日

印象に残る教務主任の自己紹介の方法


印象に残る教務主任の自己紹介の方法

                    TOSSアンバランス福島 冨田元久

本校では,教務主任が補教に入ることになっている。
そこで,初めての学級では,最初に所信表明をすることにしている。
いわば,教務主任の「黄金の3日間」である。
最初に,教師の考えを伝えておくと,補教に入るのが楽になる。
印象に残る自己紹介の方法を紹介する。

「おはようございます。」 と言って,明るく子どもたちの前に立つ。
そして,次のように言う。

今日は,○○先生がお休み(出張)です。
このようなときに,みなさんと一緒に勉強することがあると思います。
そこで,自己紹介をします。

そして,黒板に板書を始める。(実際は,縦書きである。)

とても楽しいことが好きです。
みためかっこよく,
たべることも大好きです。
ものごとをプラスに考え,
とにかく,何にでもチャレンジ。
ひとをいじめたり,
さべつする人には,きびしい先生

書いていると,声を出して読んでいく子が多い。
書き終わったら,一行ずつ読みながら,解説を加えていく。

「みためかっこよく。」では,「エーッ!」と言うブーイングか,
笑いが起こることが多い。
「たべることも大好きです。」で,「先生は,納豆が好きです。」というと,
これまた,反応がある。

「ものごとをプラスに考え,」は,難しいので次のように語る。

お年玉で一万円もらいました。
○○ちゃんに見せようとして,○○ちゃんの家に行きました。
ポケットから出そうとしましたが,
……ガ~ン,ありません。(ポケットを探すしぐさ)
ない,ない。「来る途中に落としたのかな」
慌ててきた道を戻りました。
ところが,どこにも見つかりません。
警察にも連絡しました。
でも,結局,見つかりませんでした。
みんなならどうする。

「探す」「がっかりする」等の答えが返ってくるだろう。
そこで,次のように言う。

先生は,よかったと考えるのです。

こう言うと,たいてい子どもたちは,驚きの表情を浮かべる。続けて言う。

でも,自分が納得する理由をつけなければ,なりません。どんな理由をつけますか。

「無駄遣いをしなくてすんだ」等の意見が出る。
今年の第一席は、「病気の人が拾ったら,病気が治せる」である。
出た意見については,ものすごくほめる。考えが出尽くしたら,教師の考えを述べる。

「先生は,拾った人が幸せになった。良いことをした。」と考えるんです。
いつまでも,くよくよ悩んでいても,一万円は出てきません。
それよりは,人の役に立ったと考えた方がいいでしょ。
これが「ものごとをプラスに考える」ということです。

後日談である。この所信表明をして,
数ヶ月後,補教に入ったとき,「先生は,プラスに考えるんです。」と言ったら,
「そうだった。」という子がいた。

「ひとをいじめたり,さべつする人には,きびしい先生」では,
表情をガラリと変えて説明する。

差別とは,「○○ちゃんには,消しゴム貸してあげるけど,××君はだめ」とか
「○○君は,ドッジボールに混ぜてあげるけど,××ちゃんは,だめ」というように
人によって態度を変えることです。
いじめをする人は,校長先生,教頭先生,全員の先生を敵にすると思ってやってください。
そんな時は,お家の人を校長室に呼んで,
いじめをした人をぐるりと囲んでお話しするようになると思います。

この時,どの学級でも子どもは,シ~ンとして聞いていた。
最後に最初の行を指して次のように話す。

あとは,楽しくお勉強したいと思っています。
さあ,先生の名前は何でしょう。

きょとんとしている場合もあるが,数ヶ月たっていれば,「冨田先生」と言う子もいる。

ここに書いてあります。

と言って,黒板を指す。
子どもは,「エッ!」と驚いて、じっと黒板を見つめる。
中には「わかった」と言う子が出てくる。
学級によっては,教師に耳打ちさせて「正解!」という場合もあった。
私の名前は,「とみたもとひさ」と言う。
下記の太字のように「折り句」になっていたのだ。

とても楽しいことが好きです。
みためかっこよく,
たべることも大好きです。
ものごとをプラスに考え,
とにかく,何にでもチャレンジ。
ひとをいじめたり,
さべつする人には,きびしい先生

行の最初の文字を○で囲む。
そして,「先生の名前を呼んだ下さい。さん,はい!」というと,
「冨田元久先生」という声が返ってくる。「折り句」についても簡単に説明する。
この演出のあと,自分の名前を使った折り句を考えている子もいた。

ここで,所信表明をしておけば,トラブルの時に,
「先生は,いじめに厳しいと言ったはずです。」と毅然と叱ることができる。

学級担任の時には,始業式に黒板に書いておいた。
それを教務主任バージョンにしたものである。
法則化の雑誌で読んだ記憶があるが,原実践者は,覚えていない。

このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド