TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/20 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7127484 更新:2013年10月09日

住民として地方の政治を考えよう(5時間目)


教科書P128市町村合併の現状を示す。

発問1:

分かったこと,気づいたこと,思ったことを3つ以上ノートに書きなさい。

5分後,列指名で聞いていく。
全国で市町村合併が進んでいること,もうすでに合併してしまっている市町村があることが出た。

発問2:

日本中で市町村合併が進んでいるのはなぜでしょう。

指示1:

教科書P128の本文を読みます。一文交代読みで読んでいきます。

2回音読をした。音読後,理由にあたる部分に線を引かせた。

「多くの地方公共団体では,現在でも財源不足や行政サービスの格差に悩んでいます。」
「現在,地方公共団体や地域の活力を高める方法の1つとして」が生徒から出た。

ここでサービスの格差の例を示した。保育園通園バス,中学校の給食,ケーブルテレビを取り上げた。
生徒は,河野村がサービスが充実していることを実感できたようであった。

次に平成14年度の河野村予算歳入を示した。地方税,地方交付税など項目別に書いてある図である。
村広報にあった資料をエクセルで加工しパワーポイントにはりつけたものである。

発問3:

この中で自主財源はどれですか。依存財源はどれですか。

テンポよく画面に投影していく。依存財源が多いことが分かる。

発問4:

河野村の自主財源,依存財源はそれぞれ何%ぐらいでしょう。

これもテンポよく投影する。自主財源27%,依存財源73%である。
やはりパワーポイントにエクセルで加工したグラフを示した。

説明1:

国は地方分権化を強力に進めています。地方分権が進むと,地方公共団体が任される仕事が増えます。
しかし,多くの地方公共団体が財源不足と行政サービスの格差に悩んでいます。
現在のままの市町村では任された仕事をうまくこなすだけの力がないのです。
このような問題を解決する方法として市町村合併が進められているのです。

次に「交付税連続減少」の記事を示す。見出しを生徒に読ませた。

発問5:

地方交付税が少なくなると,河野村はどうなるでしょう。

指示2:

自分の考えをノートに書きなさい。

5分後,指名して意見を聞いた。
格差が増える,村の金がなくなる,建物がつくれなくなる,道路の整備ができなくなる,村税が高くなるが出た。

次に近隣の池田町の取り組みを掲載した新聞記事を印刷したものを配布した。
合併をせずにアイデンティティを生かした町づくりを進めることが書いてある記事である。
キーとなる部分には波線を引いておいた。1回範読した後,波線の部分のみもう1回範読した。

発問6:

河野村は合併を推進すべきでしょうか。

指示3:

自分の考えをノートに書きなさい。

5分後に机を向かい合わせ,無指名発表をした。
・推進すべきでない 河野村独自のものを出していけばよい。河野は河野のままでいくべきだ。
・推進すべきである このまま合併しないでいると,建物や道路が増えなくなってしまう。
村税が高くなる。交付税がなくなると暮らしていけない。

最終的な意見をノートに書かせて授業を終えた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド