TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/24 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4721807 更新:2012年12月10日

だいじょうぶ だいじょうぶ


〈第1場面〉 おじいちゃんとの散歩で視野を広げるぼく

■発問1 ぼくは何歳くらいですか。「4、5歳くらい」

■発問2 おじいちゃんは何歳くらいですか。 「60歳くらい」

■発問3 ぼくとおじいちゃんが毎日のように楽しんでいたことはなんですか。 お散歩」

■発問4 どんなところをお散歩するのですか。 「家の近く」

■発問5 お散歩ではどのようなものに出会いましたか。 「草、木、石、空、虫、けもの、人、車、あり、ねこ」

■発問6 お散歩することでどんなところが変わっていきましたか。 「ぼくの視野」

■発問7 僕にとって、おじいちゃんはどんな存在ですか。「ぼくの周りを広げてくれる存在」

〈第2場面〉 こまったことやこわいことを知ったぼく

■発問1 ぼくは、何歳くらいになったと思いますか。「小学校低学年くらい」

■発問2 新しい発見や思い出が増えると同時に増えることはなんですか。「こまったことや、こわいこと」

■発問3 こまったことや、こわいこととはどんなことですか。
  ①おむかいのけんちゃんがわけもなく、ぼくをぶつこと
  ②おすましのくみちゃんは、ぼくにあうたびに顔をしかめること
  ③犬がうなって歯をむきだすこと
  ④自動車がタイヤをきしませて走っていくこと
  ⑤飛行機が空から落ちること
  ⑥おそろしいばいきんがうようよしていること
  ⑦いくら勉強したって、読めそうにない字があふれていること
  ⑧なんだか、このまま大きくなれそうにないと思えること

■発問4 そんなとき、おじいちゃんはぼくをどのようにしてくれるのですか。 「助けてくれる。」

■発問5 どのようにして、助けてくれるのですか。 「だいじょうぶ、だいじょうぶと言って助けてくれる。」

〈第3場面〉 ぼくを助けてくれる「だいじょうぶ、だいじょうぶ」

■発問1 「だいじょうぶ、だいじょうぶ」とおじいちゃんにいわれて、教わったことはどんなことですか。
 ①無理して、みんなと仲良くしなくてもいいんだってこと。
 ②わざとぶつかってくるような車も飛行機もめったにないってこと。
 ③たいていの病気やけがは、いつかは治るもんだってこと
 ④言葉がわからなくても、心が通じることもあるってこと
 ⑤この世の中、そんなに悪いことばかりじゃないってこと

■発問2 教えてもらったことによって、こまったことやこわいことはどのようになりましたか。
 「だいじょうぶになった」

■発問3 ぼくにとって、おじいちゃんはどのような存在です。「自分のことを助けてくれる存在」

〈第4場面〉 ぼくがおじいちゃんに対して「だいじょうぶ、だいじょうぶ」

■発問1 僕は何歳くらいでしょうか。「15~25歳くらい」

■発問2 おじいちゃんは何歳くらいでしょうか。「80歳くらい」

■発問3 僕はどのようになりましたか。「ずいぶん大きくなった」

■発問4 おじいちゃんはどのようになりましたか。「ずいぶん年をとった」

■発問5 お話の中で「だいじょうぶ、だいじょうぶ」という言葉は何回出てきますか。「5回」

■発問6 それぞれ、誰がいっているのですか。「最後だけぼく」

■発問7 それぞれ、どのように読んだらいいのでしょうか。

■発問8 ぼくにとって、おじいちゃんとはどんな存在ですか。「守ってあげたい存在」

■発問9 作者は、このお話を通して、どんなことを伝えたかったのでしょうか。

■発問10 ぼくが大人になったら、どんな大人になると思いますか。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド