TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/18 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6580184 更新:2012年12月09日

道徳資料「カーテンの向こう」


「カーテンの向こう」資料

 ここはある国の、とある病院の一室である。うす暗い室内には多くの重症患者がベットをならべて横たわっている。
 窓がたった一つしかなく、しかもそれは、分厚いカーテンによっていつも閉ざされている。消毒薬のにおいが室内に重苦しさを、一層暗いものにしている。
 患者たちは、眠っているのか起きているのか、うつろな目を天井に向け、ただ時の過ぎるのをじっと待っている。
 看護婦たちもあまりやってこない。まして医師の回診などめったにない。見舞いの客は今まで一人もやってこない。なんの楽しみもない。
 変化のないことがこんなにつらいとは・・・。
 そん中で唯一の楽しみは、病室の閉ざされた窓に一番近いヤコブが、体をやっとの思いでねじまげながら、カーテンのほんの小さなすきまに顔を突っ込んで、外の様子をながめ、それをみんなに話をしてくれることだった。
 今日も、しんどそうに身をのり出して、すき間に顔を近づけ「ほら、向こうの方からいつもの花売り娘が、バラをいっぱいかごに入れてやってくるよ。とっても可愛い娘だよ
。」と教える。みんなも顔をほころばせながら、
「バラの花は何色だい。きれいだろうね」
「今日はどんな服を着ているかね。よくなったら一緒に話をしてみたいものだ・・・」
などとやりあう。
「ほら、今日は雨が強いから大変だ。でも子どもたちが水たまりをピチャピチャやって遊んでいるよ。子どもは元気だなア。」
「ちっちゃな長靴だから、水が中に入っちゃうのに、あとでお母さんにしかられなきゃいいが・・・。」
「わしにも孫が二人いるが、大きくなっただろうな・・・。」
 ヤコブが外の様子を話してくれるときだけは、暗い病室に、何か期待と夢が入り込んでくるのであった。
 私は、数年前から足の骨が溶けていく奇病にとりつかれ、いくつかの病院をたらいまわしにされ、ここに運ばれたのだった。同室の患者たちも、何らかの重い病気にとりつかれた、身よりのないものばかりである。
 ここでも何人かの患者が入って来、何人かが出て行く。出ていくといっても退院するのではなく、あの世からのおむかえである。
 いつのまにか、私は、ヤコブに継いで二番目に古い患者になってしまった。ここに運ばれてくるものは、ほとんど治る見こみのない病人なのだろう。
 重苦しさの中でヤコブの話だけがせめてもの希望であった。
 しかし、そのヤコブが眠ってしまうと、どんなに外の様子を知りたくても、そうしようもない。動けぬ体をジリジリしながら、ヤコブの話を待つしかない。いや、ヤコブだけが外の世界を知っているのがうらやましくもあった。しかし、みんなが行きたがっている窓ぎわのベットは、一番古くからこの病室にいるヤコブの特権だった。
 今日は朝から、ヤコブは機嫌よく道を通る人々の様子や木々の変化、みどりのあざやかさなど、面白おかしく話してくれた。みんなもヤコブの話をききながら、それぞれ故郷の様子や家族のことを思い浮かべていた。
 そのうち、私は何となくヤコブがにくらしくなってきた。寝たきりでみんな苦しんでいるのに、ヤコブだけがなぜ外の様子を権利が与えられているのか。
 みんなだって外の様子を知りたい。みんなだってあこがれている。ベットを変えてほしいと思っているものはたくさんいるのだ。しかし、ヤコブは、ガンとしてその場所をゆずろうとはしない。
 あるとき、こんなことがあった。特に重病だったニコルが、
「ねえ、ヤコブさん、どうやらおむかえがやってきたようだ。今日一日だけでいいからベットを変えてくれないかね。少しでも外の息吹にふれて、あの世とやらへ旅立ちたいんだが・・・。」
 しかし、ヤコブは、ニコルの申し出を無視した。
 翌朝、ニコルは冷たくなっていた。病室はいつになく重く沈んだ。
 私だって外が見たい。ヤコブのベットへ行きたい。
 そうだ、ヤコブが死ねばいい。ヤコブが死ねば、その次に古い私が、そのベットに行けるのだ。
 その日から、私は心の中でヤコブの病気が重くなることを密かに願った。みんなといしょにヤコブの話しに笑っているときも、心の奥底ではニコリともしない自分がいた。

 その年の冬は、例年になく寒かった。病室もしんしんと冷え込んだ。どうやらヤコブの様子がおかしい。なんとなくかわいたせきをしている。みんなは、いつものように、外の様子を聞きたがった。しかし、きょうのヤコブは話したがらなかった。
 その晩、ヤコブは苦しい息の下で、やっとの思いで身を乗り出し、しぼり出すように外の様子をみんなに伝えた。
「あしたは、よい天気だよ。・・・星がいっぱいでている・・・きっと・・・いい日になる・・・」そこまで言うと、ガックリ頭を落とし、そのまま一言もなかった。看護婦がやってきた。ヤコブはすでに息が絶えていた。
 みんなが悲しんだ。私もみんなと一緒に悲しい顔をしていた。けれど、どこかで笑っている自分がいた。
 これで外の様子をひとりじめできる。みんなに知らせてやるものか。オレひとりだけ楽しむんだ。ニンマリ笑いがこみあげてくる。
 いよいよ窓際のベットへ移ることになった。昨晩は気持ちが高まって眠れなかった。看護婦にだきかかえられてカーテンのそばに横になった。今になってがおそってきた。しかし、それに、あらがうようにカーテンのすきまをのぞき込んだ。
 そこから見える外の景色、これこそ自分が求めているものだった。
 期待に胸がうちふるえた。
 そこから見えたもの。
 カーテンの向こうは、なんと冷たいレンガの壁であった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド