TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/16 現在)

21530
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1596383 更新:2013年10月01日

【リコーダー】楽しい繰り返し方(得居不二三氏の追試)


【リコーダー】楽しい繰り返し方(得居不二三氏の追試)

 出来ない事を、出来るようにするには、繰り返し練習させる必要がある。
 しかし、ただ単純に繰り返していたのでは、たちまち、飽きてしまい、能率が上がらない。
 そこで、繰り返しても、楽しく出来る工夫が必要になる。
 それには、次の様なものがある。

【繰り返しを楽しくする工夫】

 (1) 目をつぶる。
 (2) 簡単な問題を解く。(計算、連想等)
 (3) アクションを入れる。
 (4) リレー形式を取り入れる。
 (5) 設定を変える。

(1) 目をつぶる。

 何回か出来たら、目をつぶって吹かせる。
 目をつぶると、難しくなるので、やりがいが出て来る。
 もちろん、これは初めの課題をクリアーした子だけである。

(2) 簡単な問題を解く。

例 その1

 ある曲を5回吹くとする。その途中に、簡単な問題を出す。
 「7×8は?」
 曲が終わったら、答えを言わせる。
 さっと手が挙がって、元気良く答える。
 もちろん、一人に言わせてもいいが、全員に言わせると、盛り上がる。

例 その2

 曲を吹いている途中に、言う。
 「次のいくつかの物に、共通する色は?」
 「牛乳、砂糖、塩、雪……」
 曲が終わったら、答えを言わせる。
 その曲に、習熟すればするほど、これらの問題は、簡単に出来るようになる。

(3) アクションを入れる。

例 その1

 1回吹くごとに、アクションを変えさせる。
 1回目……座っている
 2回目……中腰
 3回目……片足立ち
 4回目……普通に立つ
 5回目……おじぎをする 等等

例 その2

 曲を吹きながら、歩き回り、曲が終わると同時に、席に着く。

(4) リレー形式を取り入れる。

 一つの曲を幾つかの部分に分け、列ごとや、班ごとで次々にリレーして吹く。

(5) 設定を変える。

 1回目は、行進するように。
 2回目は、お腹がすいたように。
 3回目は、象さんのように…。
などと、次々に、イメージしやすい言葉を投げ掛けていく。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド