TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/03/23 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6975657 更新:2013年09月28日

【リコーダー】チューリップでソラシのドリル(得居不二三氏の追試)


【リコーダー】チューリップでソラシのドリル(得居不二三氏の追試)

 次に、「ソラシ」の指遣いに楽しく慣れさせる方法を述べる。
 まず、教師が「ソラシー・ソラシー・」と『チューリップ』の頭の部分を吹く。

発問1:

 これは、ある曲の一部です。
 さて、何と言う曲でしょう。

 もし、分からないようなら、ヒントを出して、もう一度吹く。
 ヒント「春の花壇です。」
 元気よく手を挙げた子を、2~3人指名する。

指示1:

 そう、チューリップです。
 では、みんなも真似して吹いてみましょう。

 教師 「ソラシー・ソラシー・」(さいたー・さいたー・)
 児童 「ソラシー・ソラシー・」
 実際に、やりながら指示する。

指示2:

 全員、起立。
 「ソラシー・ソラシー・」と1回吹く度に右向け右をします。
 4回目が終わった人は、座ります。
 座れた人は、目を閉じて吹きます。
 よーい、はい!

 なかなか右向け右が出来ない子は、まだ指遣いが慣れていない子なので、その子の側に行って、個別指導をする。
 個別指導は、子どもの前に立って、「ソラシー・ソラシー・」とゆっくりと指を動かし、それを真似させる。

指示3:

 次は、いろんなチューリップを吹いてみましょう。

 以下のような言葉かけをするだけで、表現がどんどん変わる。

指示4:

 赤ちゃんチューリップ。
 さん、はい!

 「ソラシー・ソラシー・」(さいたー・さいたー・)
 ここでは、子どもが、自分なりの赤ちゃんのイメージで吹ければよい。

指示5:

 はい、よく出来ました。
 次は、ねぼすけチューリップ。
 さん、はい!

 これも、自分なりの表現を楽しむ。
 弱い音で、ゆっくりしたテンポで吹くことが多い。

説明1:

 大変よく出来ました。
 今度は、自分でこんなチューリップを吹こうと考えたのをやってもらいます。

指示6:

 起立。
 こんなチューリップを吹こうと決まった人は座りなさい。

 全員が座るまで待っている時間はないので、3分の1程が座ったら、一旦残った子も座らせる。

指示7:

 決まった人は、立ちなさい。
 順番に吹いてもらいます。
 はい、鈴木君、どうぞ。

 鈴木君が吹いた後で、すぐ、その真似をして全員に吹かせる。

発問2:

 今、鈴木君が吹いたチューリップは、どんなチューリップでしょう。

 他の子の意見を聞いた後、本人から正解を訊く。
 このように、「吹く(聴く)→真似る→当てる」を立っている人数分繰り返す。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド