TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/03/25 現在)

21381
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1460880 更新:2013年09月26日

「1/2成人式」に向けて制作する「夢の本」づくり(そのⅡ)


「1/2成人式」に向けて制作する「夢の本」づくり(そのⅡ)

 2009年小学校4年生76名の子供たちとつくりあげた1/2成人式。
 実質的な準備は、この「夢の本」の制作であった。
 本の制作抜きでの当日の成功はあり得ない。
 「夢の本」をつくる作業をとおして、子供たちは、自己肯定感を高め、家族や地域に感謝する心情が育成されていった。

1.成功する「夢の本」制作に必要な材料

②保護者への制作協力のお願い

2.「夢の本」制作

 本づくりを進めるにあたって、日本ドリームプロジェクトの「夢の本づくり授業」というホームページに、詳しい指導案がついているので参考になる。大変参考になる。しかし、すべて授業中に取り組むという訳にはいかない。
 実際には、以下のように進めて行った。

1.「夢の本づくり」のための授業(学年で)
②向山恵理子(アニャンゴ)の夢
2.「将来の夢」のページ(見開き2ページを活用して)を書く

 「将来の夢」のページを書く際に、ただ「将来はサッカー選手になりたいです。」と書くだけではなく。
 イチロー・北島康介・石川遼のように、小学校を卒業したら、○○大会で優勝し、高校では□□でインターハイに出て、大学では・・・・などというように、書くように指導することもできる。

3.将来の夢を「夢の本」(ドリプロブック)に書く

 章立てをし、見通しをたてる
 1~3時間目は、TOSS実践の追試をすれば、すぐに可能である。
※このタイミングで、保護者へのお願いの文書を児童に配布する。(ドリームプロジェクト社のHPに文例が載っている)

4.「夢のトビラ」(夢の本の扉を書く)

以降、本に関わることは、実際に学級図書を見て調べさせる

5.「大好きな○○○(地域名)」(総合まとめ)

 総合的な学習の時間で、今まで調べてきた「わたしたちの町」に関する個人のまとめを、見開き2ページを使ってさせる。

6.「10年後の自分へ」

 10年後の自分(20歳の自分)にメッセージを書かせる。

7.表紙をかく
Imgca0wc3un

 写真のように、様々な新聞のスクラップ・写真のカラーコピー・色鉛筆での絵など、1人1人工夫させて表紙を書く。

8.「感謝をこめて」を書く

友達同士、完成間近な「夢の本」を見せ合って、コメントを書かせる。

9.前書き、奥付、編集後記、帯等を完成させる
10.仕上げ、見せ合って、抜けがないかお互いに確認

3.家族からのコメント

 基本的に、本人の好きなように制作させるので、保護者がどこのページにコメントを書こうと自由なのだが、基本的に、見開き2ページを1つ活用して、上記の制作過程と同時進行でメッセージを書いてもらう。
 次のような事例があった。

<じいちゃんの夢>
じいちゃんは、この世に生まれ、七十四年間も生きています。
R君の八倍以上です。
でも、あと二十五年間、白寿(はくじゅ)になるまで生きたい。
白寿は、百から一を取る(引く)と、白という文字になり、つまり九十九(歳)のことを言います。
そのころには、R君は、大人になって結婚して子供が三人いて、R君の長男が小学四年生になっています。
じいちゃんは、その「ひ孫」とキャッチボールをしています。
そばでは会社員になっているR君がニコニコ顔で見物しています。
R君の父さん母さんは、顔にシワが増えて白髪が多くなっています。
しかし、じいちゃんはまだまだ元気で、キャッチボールでは、スピードボールを投げています。
これがじいちゃんの夢です。

 隣のページには、「この写真は、北九州のおじいちゃんちで、ぼくがとりました。」と書いて、とても優しそうなおじいちゃんの写真が掲載されていた。手紙はわざわざ便せんで送ってもらったものを張り付けてあった。

大好きなRへ

一番きびしいオヤジより
1.今日を大事にしろ!!
(小学4ねんせい、4年○組は一生のうち1年だけ)
2.人の話は、よく聞け!!
(ぜんぶ、あなたのためになるのです。)
3.人のわる口は言うな!!
(自分にかえってくる)
4.Rという自分を大切にしろ!!
(良くするのも自分、わるくするのも自分)
パパはよくRを、おこります。
でもそれは愛情あってのきびしさです。
Rは、1番大事にしています。
心の豊かな、すばらしい人になってほしいから、夢をかなえて、幸せになってほしいからです。
○ちょっとRにはむずかしいかもしれませんが権利を得るには、義務が必要です。
(先生に、聞いてみて下さい)
本を書くには、勉強をしなくてはいけません。
勉強するには学校へいかなくてはいけません。
学校へ行くには、朝はやく…
これ以上は書きません。
早く自分で気付いて下さい。
(気付いていても、行動しなければ気付いていないと同じ)
一番言いたいこと
自分のまわりのものすべてに「ありがとう」の気持ちをもって、すなおに育って下さい。
な~んてな!! パパより

保護者だけでなく兄弟からのコメントもあった。

○○ちゃん(お兄ちゃん)
いっぱい
あそぼうね
○○○○


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド