TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/21 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1347297 更新:2013年09月27日

3.おはやしの旋律を作って演奏しましょう(教育芸術社4年)


第3時 自分なりのおはやしを作ろう。

第1時で、おはやしの旋律作りをした。
第2時で、和太鼓でリズム打ちができるようになった。
第3時では、その経験を生かして自分なりのおはやしづくりをさせる。

おはやしの旋律を工夫する。

説明1:

「♩ラソソ ラソ ラーソ I ラ ミソ ラ V」
  リコーダーで吹いてみせる。
  続けて、3つほど旋律を変えて吹いて聴かせる。
「先生みたいに、リズムを変えて吹いてもかまいません。」

指示1:

「リコーダーでおはやしを吹きましょう。」
  1分間練習をさせる。
「はい。あなたから。」
  順番にリレーで吹いて行かせる。
  もちろん、前に作ったままでも良いことを伝える。

一人一人、力強くほめていく。
拍の流れに乗れるよう、ふしづくりの伴奏を流す。
拍の流れに乗って吹けなかった子や、間違えてしまった子には、後で再度チャレンジできることを伝える。

和太鼓と合わせる。

指示2:

「前に出てきます。」

前時と同じように、6人が前に出てくる。
和太鼓をはさんで、左右に3人ずつ並ぶ。
自由なリズムで打ってよいことを伝え、順番に打たせていく。

指示3:

「リコーダーを吹きます。」
  和太鼓を打ち終わった子から順に、リコーダーでおはやしの旋律を吹いていく。
  どんどん変化させて良いことを告げる。
  

和太鼓のリズムもリコーダーの旋律も、自由に変化させて楽しむ子が出てくる。
うまく変化させている子を取り上げてほめ、他の子たちに聴かせる。
拍の流れに乗って、おはやしの演奏を楽しむことができた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド