TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/23 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7988477 更新:2013年09月21日

音楽授業。このコマで、やんちゃ君をひきつける。


3拍子に乗る力をつける。

3拍子に乗るのが苦手な子は、多い。身体表現で、3拍子に乗る力をつける。

ゆったり3拍子

指示1:

「立ちましょう。」
「まねします。」

曲をかける。
左右にゆったりと体をゆらしてみせて、まねさせる。

【うまくやるコツ】
①楽しそうにやる。
②必ずほめる。
③変化のある繰り返しで飽きさせない。
ア.強拍(1拍目)で、体をぴたっと止めさせる。2拍目3拍目を感じ取らせ、反対側(右⇔左)に振らせる。『ぴたっと止まる』ことを楽しませる。うまく止まれたら思いっきりほめる。できている子を名指しでほめる。
イ.左右にゆれるとき、ひざの屈伸をつけさせる。やってみせてやらせて、うまくできている子を取り上げてほめる。
  「ひざを使って、ゆれてごらん。」
ウ.「お友達と向かい合ってゆれます。」
エ。「お友達と向かい合って、手をつないでゆれます。」
  「ひざを使って伸びてごらん。」

この身体表現は、ゆったりとした3拍子の曲に向いている。
【例】
①あの雲のように
②花のワルツ(くるみわり人形)
③EASY8 NO.3  
④EASY8 NO.6
3拍子ではないが、8分の6拍子の曲でも左右にゆれる身体表現は使える。
①風のメロディー
②朝の気分(ペールギュント)

はっきり3拍子

指示2:

「まねします。」

曲をかけ、曲に合わせてトン(ひざ)タン(手拍子)パン(指ぱっちん)をやってみせてまねさせる。

【変化のある繰り返しで楽しく何度も遊ぶ】
①座ってやる。
②立ってやる。
③二人組でやる。
④二人組で、指ぱっちんをお手合わせに変えてやる。
⑤二人組で、お手合わせをじゃんけんに変えてやる。『トン(ひざ)タン(手拍子)ホイ(じゃんけん)』

はっきりと3拍子が感じ取れる曲に向いている身体表現である。
【例】
①みかんの花咲く丘
②せいくらべ
③エーデルワイス
④いつも何度でも
⑤おやすみ(笛星人より)

『エーデルワイス』をリコーダー合奏したとき、3拍子にうまく乗れずもっさりとした演奏になった。一旦、リコーダーから離れて、トンタンパンの身体表現でたくさん遊んだ。やんちゃ君たちが大活躍をした。とても楽しくて、笑顔がいっぱいの教室になった。いつの間にか、3拍子に乗って演奏できるようになっていた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド